丘沢静也の一覧

「丘沢静也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/09更新

ユーザーレビュー

  • 変身/掟の前で 他2編
    なんとなく「読んだことある」作品を読む。
    ある青年に、家族に、降りかかる災厄。
    『掟』も、初読だったけど面白かった。
  • ツァラトゥストラ(下)
    難しかったけど、理解するために読むものでも無い気もした。ツァラトゥストラのスタンス、とかを見るべきだなと。
  • 変身/掟の前で 他2編
    1回目は、意味がよく分からず自分の読書力の無さに愕然とした。ウィキペディアの解説を見てから再読したところ、味のある話だと分かった。
    リンゴをぶつけられるところがシュールで面白い。

    仕事とか、家族とか、当たり前と思われている概念が、状況の変化で崩壊していくのがリアリティがあった。
  • 論理哲学論考
    去年は全くちんぷんかんぷんでしたが古田徹也の入門書のおかげでなんとか読めました!…と言ってはいけないかもしれませんがとりあえず飛ばしつつ意味を拾っていきました。ウィトゲンシュタインの処方箋は自分にもかなり効くなあというのが率直な感想ですがまあ誤読でしょうね。
  • ツァラトゥストラ(上)
    岩波文庫版で一度読んだが、ニーチェがこの本で伝えたかったことがいまいち掴みきれなかったことに悶々としていた為、光文社の新訳で再読。岩波文庫版よりだいぶ砕けた訳で、平易な言葉のためとても親しみやすい。こちらの訳も読んでみて正解。