「白鳥士郎」おすすめ作品一覧

「白鳥士郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:白鳥士郎(シラトリシロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

名城大学大学院法務研究科修了。2008年、『らじかるエレメンツ』でデビュー。『蒼海ガールズ!』、『のうりん』シリーズを手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • りゅうおうのおしごと!10
    今刊はパロディ感が強かったです笑。しかし、小学生同士の熱い戦いやぶつかり合いがあってとても楽しめました。
  • 僕は友達が少ない 8
    起承転結でいえば、転になったという事になるのかな?
    今回のストーリーはここまでのライトノベルでは、余り触れられなかった事ではないだろうか。
    「はがない」のような日常系で延々と続ける事ができそうなストーリーでは特に
    読者が一度は感じた事があるだろう疑問に踏み込んでくるとはね。この先、どう転ぶかは分から...続きを読む
  • りゅうおうのおしごと!3
    ダンサリエルシリーズを思い出す芸と才能のお話に達し得ていて素直に称賛
    「ファンなら褒めろ」に続いて
    「いままでのは受け狙いで書きたくて書いたのでなかった」は本音
    読者の気持ち良くなる話と作者の満たされる作品は違うのだからしかたないね
    読者の殆どが永世六冠の名前も知らないへだたりをどう埋め合わせるかが...続きを読む
  • りゅうおうのおしごと!7
    今巻も力の入った一作
    「矢倉は終わった」「もう雁木も終わり」の大転換をかなり上手く描いて感心
    主人公と脇役の魅力を描く場面の緩急もくどくなく
    無理に理屈付けせずご都合主義をきれいに使っていて見事な塩梅
    『らじかるエレメンツ』からよくぞここまで大成したものだ
    成長できる作家というだけでも貴重な存在
  • りゅうおうのおしごと!9
    4巻の後半、2年前に読んだひとつのシーンを、今もまだ覚えている。1巻から読み始めて、当時の最新巻である4巻を手に取るまで時間はかからなかった。圧倒的に面白かったからだ。でも、喫茶店の通路沿いの席で4巻を読み、そのシーン、天衣が主人公にひとつの言葉をかけるシーンを噛みしめるように読んだ時、今までの3巻...続きを読む

特集