木村友祐の一覧

「木村友祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 幼な子の聖戦
    40代の村議の男を主人公に、青森の小さな村で起きた村長選挙を描く。
    「おれ」の情けない様子にハラハラしながらも、
    どこか笑ってしまう。
    併録されている『天空の絵描きたち』も良かった。
    ガラス清掃会社で「窓拭き」の仕事を受け持つ安里小春(あさと・こはる)と社員たちの職人としての誇りが描かれている。
    ...続きを読む
  • 幼な子の聖戦
     表題作がめちゃくちゃ面白い。村長選で暗躍する主人公の気持ちがあちこちに行ったり来たりする感じがとてもリアルで面白い。また主人公がヘタれなようでいて、したたかなものが根底にあって頼もしい。

     目当てだった収録作『天空の絵描きたち』は登場人物があまり活き活きとしたものと感じられなかった。女性を主人公...続きを読む
  • 海猫ツリーハウス

    地方舞台の青春小説の傑作

    八戸を舞台に、南部弁丸出しで、青春まっただ中の若者の苦悩を描いています。
    そうそう、こんな鬱屈を抱えながら、田舎でくすぶっている若者っているよなあ、自分もそうだったなあ、と共感することしきり。
    家族の中でも居心地悪いし、兄弟で比べられるし、田舎の人間関係もけっこう複雑で、悩みは深まるばかり。
    ...続きを読む
  • 野良ビトたちの燃え上がる肖像
    読み進めていくうちに息苦しく怖くなってきた。今の日本も着実にこのようになっていくんではないかと予感させるフィクションであるのにノンフィクションのような小説。昔から格差を作り上にいる人達は下のやつらを蔑み搾りとり優越感に浸る。そういう事は行われてきたけど、平等を謳う今のこの世もまたそこに戻っていくのだ...続きを読む
  • 野良ビトたちの燃え上がる肖像
    途中で近未来小説と気が付く。ロヒンギャの書き方とかちょっとうーんというところもあるけれど。若い世代の人なんだろう。最後のイメージは私には説得力があり美しかった。