立川談慶の一覧

「立川談慶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/03/11更新

ユーザーレビュー

  • 落語はこころの処方箋
    このシリーズの「役に立つ古典」で、「俳諧」が笑いを表すものだと知った。そこから笑いは日本の文化に根差した奥深い何かがありそうだと、本書を手に取った。

    「落語とは人間の業の肯定である」
    落語家立川談志のこの言葉は落語の本質をついていると筆者は言う。
    人間は業の塊で、落語はその人間のだめなところ、弱さ...続きを読む
  • ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語
    古典落語はその名の通り「古典」なのであって
    知っているのと、知らないのでは会話も弾まな
    い事は明らかです。

    要はその古典の話を知っているというのは、あ
    る種の教養とも言えます。

    昨年開業した高輪ゲートウェイ駅の名称公募で
    第3位に入っていたのは「芝浜」です。

    結果はご存知の通りですが、ネットで...続きを読む
  • 落語はこころの処方箋
    話し言葉で書かれているからスラスラ読めるし、落語家さんだからその言葉も面白くてあっという間に読んでしまった!
    落語に出てくる江戸時代の江戸っ子みたいにテキトーに暮らしたら、だいぶハッピーに生きられそうな気がする。
  • ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語
    この本は、落語について詳しく知らなかった私でも基礎知識から有名な噺まで知ることができ楽しく読み通せました。
    母国の伝統芸能を知るという意味でも落語について知っていることは有用だと思いますが、落語は単純に楽しめるコンテンツであり、楽しみながら教養を身に付けることができます。
    本書の最後に落語のYouT...続きを読む
  • 落語はこころの処方箋
    談志のお弟子さんの談慶さんが落語の基礎知識、江戸時代の心持ち(人生、負けてもいい、あくせく働かなくていい、心のあそび、しなやかさ)の紹介を通じて、現代人のための心の処方箋を書いてくれています。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!