久保美代子の一覧

「久保美代子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/06更新

ユーザーレビュー

  • NO HARD WORK! 無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方
    「仕事中毒は感染症」とか、「技術的には正しいが、現実的には間違っていることが多い」とか、ものすごく納得できる部分がたくさん盛り込まれた本でした。

    また、決して、自分中心や、自分の企業中心の考え方ではなく、顧客を大切にしている姿勢にも、共感できる部分がたくさんありました。

    こういう会社で働きたいで...続きを読む
  • 新エクセレント・カンパニー AIに勝てる組織の条件
    人がいちばん大事。いますぐに試してみよう。積極的に人の話を聴こう。ワオか、さむなくば失墜を。いつもエクセレントであれ。
    (引用)新エクセレント・カンパニー AIに勝てる組織の条件、トム・ピーターズ著、久保美代子訳、株式会社早川書房、2020年、90

    いま、私の目の前に2冊の本がある。1冊は、198...続きを読む
  • NO HARD WORK! 無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方
    表紙には穏やかな会社(カーム・カンパニー)、裏表紙にはその対極にある会社のt校長が列挙されており、もうそれを見ただけでお腹いっぱい(いい意味で)。こういう会社で働けたらなんて幸せだろうと思う反面、過去も含めて自分の周りを見渡してみると、現実は程遠い。こういう働き方は、業界や扱っている商品が限定される...続きを読む
  • 歴史を変えた10の薬
    人類史に重要な影響を与えた10の薬が紹介されている。インスリンのような誰もが知る薬ではないがアヘンのように知る人が多いものからモノクローナル抗体のようなものまで様々だ。

    米国のオピオイド汚染の話をある通り、生涯に薬摂取量はずば抜けている。一方日本はどうなのだろう。

    こうした薬学、科学の進歩は見て...続きを読む
  • 歴史を変えた10の薬
    書店で目に止まり購入。
    以前読んだ「新薬の狩人たち」と似た感じかと思ったが、正直だいぶ違う。アヘン、オピオイドなどはページが割かれており、雑学的な読み物として非常にためになった。
    ボリュームがあるので軽い気持ちで手を出し辛いが、個人的には楽しく読めた。