「秋田禎信」おすすめ作品一覧

「秋田禎信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:秋田禎信(アキタヨシノブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年03月02日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

1991年『ひとつ火の粉の雪の中』で第3回ファンタジア長編小説大賞に準入選し作家デビュー。『魔術士オーフェン』がTVアニメ化された。その他作品に『カナスピカ』、『エンジェル・ハウリング』、『RD潜脳調査室』、『あいつがそいつでこいつがそれで』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/02更新

ユーザーレビュー

  • Your story with あなたとクルマの物語
    車のCMをノベライズ……? と思ったけれど秋田先生のファンなので即購入。親子、会社の上司と部下、かつての親友どうし、遠距離恋愛中の恋人ふたり……CMのバージョンにあわせて5編の短編が集められている。「路」編がとてもよかった。大学生時代、カメラ仲間だった親友。同じカメラを買って、同じ写真を追いかけ、何...続きを読む
  • 血界戦線 グッド・アズ・グッド・マン
    血界戦線ノベライズ第二段。オンリー・ア・ペイパームーンに引き続き、がっつり秋田節なのに目を疑うほど血界戦線で、読んでて楽しいわ痺れるわで大変だった……悪人よりもむしろ凡人(グッド・マン)のほうがよかれと思って最悪の事態を引き起こす。皮肉だけどそれは多分真実で。どうしようもない無残な現実の中で、それで...続きを読む
  • ハルコナ
    オーフェンシリーズの秋田禎信の新作一般小説。

    存在するだけで一つの町の花粉を無害化する能力があるが、自身にとっては有害であるため外出時には宇宙服のようなスーツが欠かせない。そんな荒唐無稽な設定のあらすじから想像できないが、とてつもないマイノリティとマジョリティの話だと受け取った。

    花粉を無害化す...続きを読む
  • ハルコナ
     純愛ものとして帯やあらすじを書かれているけれど、この小説のよさはそこではないと思った(出版社の方には申し訳ないけれど)。
     いや、純愛要素はたしかにあるし、恋愛小説として魅力的な場面もある。ハルコは可愛い。ふたりの関係は切ない。だけどそれでもわたしにとってこの小説は、怒りと暴力についての物語であっ...続きを読む
  • 血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン
    漫画の主人公がハッキリ「レオ」と指定されているので、小説版もそれに倣ってか、終始レオ視点。(地の文は三人称だから、三人称単元視点)……な、おかげか…。すごくザプレオでした!ありがたくって涙がでるくらいザプレオでした!!
    そもそも話の中心がザップさんと、ザップさんの元を訪れたザップさんをパパと言っては...続きを読む

特集