「菊池道人」おすすめ作品一覧

「菊池道人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/08/30更新

関羽
  • ブラウザ試し読み

斎藤 一
  • ブラウザ試し読み

榊原康政
  • ブラウザ試し読み

周瑜
  • ブラウザ試し読み

丹羽長秀
  • ブラウザ試し読み

北条氏康
  • ブラウザ試し読み

蒙古襲来
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 斎藤 一
    新撰組で一番魅かれる隊士です。元々そこには会津絡みと言う理由があるのですが、この本を読んで人間的にもかなり共感しました。どこか自分と重ね合わせてしまいました。

    新撰組や戊辰戦争の頃はもちろんですが、明治に生きる斎藤一の姿が興味深かったです。まさに時代の狭間で、色んな葛藤の中で生きた人間ですね。また...続きを読む
  • 北条氏康
    武田信玄や上杉謙信とも互角に戦った陰の名将。

    戦陣においては数々の謀略を駆使、
    平素は家臣や領民たちを慈しみ、
    道理や信義を重んじた。

    関東八カ国の安寧を志し、
    無理な侵略を慎み、
    勝っても勝ちに奢らない。

    北条氏康の戦略、戦術、心を学べる一冊。
    歴史の勉強だけでなく、仕事にもきっと役立ちます...続きを読む
  • 榊原康政
    貴重な榊原康政が主人公の小説(笑)
    徳川三傑の一人として目立っていいはずなのに、他の二人が派手すぎてどうにも地味な康政の、地味ながらひたむきな人生を描いた作品。
    実の兄である清政がちゃんと出てくる所もポイントです。兄弟の絆と家康への忠誠と時代の流れの中での迷いなど燃え萌えポイントもあり。
    康政ファン...続きを読む
  • 北条氏康
    泥臭い戦描写はなく大将のあり方や戦とは何かを自ら采を振って
    学んでいく、新九郎の頃から隠居後の氏康を書かれた作品。

    軟弱と言われていた幼い時から、厳しい中にも優しさを持って仕える小太郎が好き。
  • 北条氏康
    とっても読みやすいです。臆病者の幼少時代から関東の覇者になる氏康さまはヒーロー的な存在です。それにしても軍神との対峙はガキの喧嘩みたいな感じで笑った。あと河越夜戦はちょっと泣けた。そして小太郎も格好良かったです。

特集