榊原康政

榊原康政

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳川四天王の一人に数えられる榊原康政。若き彼は、今川義元の横死によって岡崎に逃げ戻った家康と、師・登誉上人の「厭離穢土」教えに従い、主従の固い契りを結ぶ。以後、乱世終息に殉じることを信条とし、時に憤り、時に惑いながらも、家康の天下人への道を支えていくのである。紊乱の世にありながら爽やかな、そして信念ある康政の生き方を活写する長編力作。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
544ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

榊原康政 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    貴重な榊原康政が主人公の小説(笑)
    徳川三傑の一人として目立っていいはずなのに、他の二人が派手すぎてどうにも地味な康政の、地味ながらひたむきな人生を描いた作品。
    実の兄である清政がちゃんと出てくる所もポイントです。兄弟の絆と家康への忠誠と時代の流れの中での迷いなど燃え萌えポイントもあり。
    康政ファン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月09日

    徳川四天王のひとり榊原康政を扱った文庫本。
    『無』の旗印を掲げ戦場を暴れまわる猛将でありながら、民衆をも大切にする文武両道の勇将。
    康政を題材にした文庫は貴重。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月25日

    桶狭間の合戦を脱した家康と寺にて勉学・武芸に励んでいた幼少時に初めて対面してから没するまでを描いています。主君である家康が間違っていれば諌め、秀吉をして首に十万石をかけられるほどどこまでも真っ直ぐで、舅や蟄居した兄、他三傑と仲良しでほのぼのとします。晩年の兄と碁を打つ場面が出てくるのですが、菊池さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

菊池道人 のこれもおすすめ

関羽

関羽

  • ブラウザ試し読み

斎藤 一

斎藤 一

  • ブラウザ試し読み

周瑜 「赤壁の戦い」を勝利に導いた呉の知将

周瑜 「赤壁の戦い」を勝利に導いた呉の知将

  • ブラウザ試し読み

戦国武将と名参謀 逆転の行動学

戦国武将と名参謀 逆転の行動学

  • ブラウザ試し読み

丹羽長秀 信長と秀吉を補佐した「信義」の武将

丹羽長秀 信長と秀吉を補佐した「信義」の武将

  • ブラウザ試し読み

北条氏康

北条氏康

  • ブラウザ試し読み

蒙古襲来

蒙古襲来

  • ブラウザ試し読み