森内薫の一覧

「森内薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/19更新

ユーザーレビュー

  • 帰ってきたヒトラー 下
    ”悪いことばかりではなかった” 歩き出すのだ。このスローガンとともに。

    扇動家は消えていたわけではなかった。皆それぞれの中に生き続けていた。どこかで求めていたのだろうか。

    最初は笑いものに。そのうち難解な話の中に耳障りのいい言葉を見つけ、共感。その力強さから”自分たちの味方”と認識。悲劇は毎日の...続きを読む
  • 4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した
    以前に一度読んだことがあったことを、読み始めてから気がついた。
    ただ、『アウシュビッツの図書係』の後に読んだことで、重なる部分を違う視点で見ることができて、より立体的なユダヤ人迫害像に迫ることができた。
    この本の前半は住んでいた街でのゲットーの始まりからアウシュビッツでの生活に至るまでを描き、後半で...続きを読む
  • 脳科学は人格を変えられるか?
    幸福になれるには;ポジティブな感情や笑いを数多く経験、生きるのに積極的に取り組む、今日明日でなく長期的な視野で人生に意義を見出すこと
    楽観的;ただ楽観視するのでなく、良いことも悪いことも受け入れることでメリットがある。出来事に対して自分が影響を与えられると考える→人生に積極的に取り組める。健康、諦め...続きを読む
  • 帰ってきたヒトラー 下
    いや〜面白かった。ずっと読んでられる。
    「暗い過去」だってこんな角度で見てみたい。
    体験してないからこそ「あれはダメ、これは悪」だけでは終わらさないようにというメッセージがあった気がする。ほんとに面白かった、続編希望。
  • 脳科学は人格を変えられるか?
    白熱教室で有名になったフォックスの書籍です。セロトニン系とドーパミン系の脳回路をベースに、悲観と楽観の差異を脳科学的にとらえていました。後半は、これを利用した具体的な心理治療方略の紹介していました。どれも面白かったです