「アンデシュ・ルースルンド」おすすめ作品一覧

「アンデシュ・ルースルンド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/30更新

ユーザーレビュー

  • ボックス21
    最後の3行に、、、帯の煽りは期待せず読んでいた。
    最初から最後まで重苦しく、緊張感ある展開。それでいて読みやすく、一気に読める。
    破綻もなく、最後まで一気に持っていかれた。
    女である身としては、なんども繰り返される苦しい描写がなんとも辛かった。
    そして、最後の3行には、、、、久しぶりに心底驚き、その...続きを読む
  • ボックス21
    アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム『ボックス21』ハヤカワ文庫。

    北欧社会の闇を描いた警察小説の傑作。ランダムハウス講談社より刊行されたグレーンス警部シリーズ第2作が復刊。本作のラスト3行の衝撃はフィリップ・マーゴリンの『黒い薔薇』にも優るとも劣らない。

    売春斡旋業者から激しい暴行を...続きを読む
  • 制裁
    娘を殺された父親の復讐がメインテーマと思いきや、本題はその後に起こる私刑を巡るできごと。娘殺しの犯人があっさり殺されるので、もっと痛めつけて欲しかったと思ってしまった段階で読者は作中の私刑容認派と同じ側に立たされる。大切なのは弱い者をどう守っていくのかということ。復讐はありかなしかなんてなしに決まっ...続きを読む
  • 熊と踊れ 上
    多才で手際のいい犯人グループの行動は読んでいて小気味よく、読者を惹きつける。『制裁』を読んだときにも感じたのだが、この作者はもっとこねくり回してもいいところをあっさりと書く。現在と過去を行き来する構成になっているのだけれど過去の章はとても短く現在の事件のスピードが落ちない。追う警官にも感情移入できる...続きを読む
  • 熊と踊れ 下
    上巻のスピードのまま読破できる。途中である人物がグループに加わるのだけれど、その展開には正直しらけてしまった。そんなわけあるかい!と。でも解説を読んで驚いた。この作品はなんと実話を元にしており、しかも共著のステファン・トゥンベリは犯行グループの肉親だと言う!しらけてしまったできすぎな展開も事実という...続きを読む

特集