宮脇俊三の一覧

「宮脇俊三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2021/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 旅の終りは個室寝台車
    1982年~84年にかけて作者が、編集者と2人で鉄道旅をした記録。
    旅といっても電車に乗るのが目的なので、毎回テーマを決めてかなり過酷な旅をする。
    目的の列車に乗るために、その列車の始発駅までは新幹線や特急を使って行き、列車に乗り目的を達成した後はまた新幹線や特急で東京に帰ってくる。
    日本の鉄道旅も...続きを読む
  • 時刻表ひとり旅
    初期のエネルギーが満ち溢れている。
    時刻表への数理?的な視点が多い。白紙改正の解説とか、論理的ながらも親しみやすい筆致。一つの到達点かなあ。
  • 小学館電子全集 特別限定無料版 『宮脇俊三 電子全集』

    豪華ラインナップ

    本作を読むだけでは把握できない、宮脇先生の素の顔に触れられるような内容だと思います。作品も去ることながら、収録された「宮脇俊三アルバム」でほ、部屋に座って遠くを眺める一作者としての風情を残しており雰囲気が出ています。
  • 時刻表2万キロ
    国鉄全線乗り尽した記録です。
    とにかく凄い!としか言いようがない一冊です。
    著者が乗ったころの国鉄は一日に数往復しかない
    盲腸線が非常に多かった時代です。
    その時代に全線、乗り尽すなんて信じられない。
    凄い、どころか、尋常ではない、どころか、もはや異常です。
    だからこそ鉄道好きや旅行好きには非常にお...続きを読む
  • 時刻表2万キロ
    パラダイス山元さんの飛行機本に鉄道マニアのバイブルと紹介されており、手に取った本。1978年の本なのに色褪せていない感じ。
    鉄道には全然興味ないが、何故だかすごく楽しく読めた。1分刻みのいかにもマニアックなところはふーん、と思いながらも読んでしまう。車窓からの風景の描写や、駅の雰囲気など、想像してい...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!