「横田増生」おすすめ作品一覧

「横田増生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年7月号

作品一覧

2018/06/09更新

ユーザーレビュー

  • ユニクロ潜入一年
    前著のユニクロ暴露本を柳井社長に思い切り批判され、裁判に訴えられる。さらに今後のユニクロへの取材は一切拒否され、決算発表会や株主総会にも出席禁止を食らった著者。復讐に燃える著者の次なる行動は、ユニクロへアルバイトとして採用され潜入記事を発表することだった。

    正式な法的手段で名前を変え、堂々と採用面...続きを読む
  • ユニクロ帝国の光と影
    ユニクロとZARAの社風、業務実態の比較部分がとりわけ面白かった。社員を絞りあげるだけ絞って利益を上げるユニクロと、そうではないZARA。柳井商店のまんま来ているという著者の指摘は正しく、いずれダイエーのような末路をたどるのかもしれない。
  • ユニクロ帝国の光と影
    ユニクロに対する視点が変わった。

    要約。

    ・柳井さんはワンマン経営。

    ・一流のニセモノ。それがユニクロ。

    ・3段階に分けた生産企画のシステムは素晴らしい。

    ・軍事的な店舗運営。人件費には厳しい。店舗の離職率はかなり高い。

    ・中国工場からすれば、生産枚数が多いのと契約を変えないので安定して...続きを読む
  • ユニクロ潜入一年
    「うちはブラック企業ではない」と宣うユニクロ社長。その声に感化され、実態をさぐるためになんとアルバイトとして直接働く事にした著者。
  • 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン
    この本のあたりから物流の話が動き出したと感じている。夜勤をやって書いている迫力はこの手の本の中で一つ抜けている。同世代にこれだけの人がいるのは背筋が伸びる思いがする。