仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

過酷な現場に潜入労働ルポ!

いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈なシェア争いを行っている。だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、いままでベールに包まれたままだった。そこで著者は、宅配ドライバーの助手に扮し、あるいは物流センターのバイトとして働くという、「潜入労働ルポ」を敢行する。そこで見えてきた、宅配戦争の「光と影」とは。ユニクロ潜入で話題を呼んだジャーナリストが放つ、衝撃のビジネス・ノンフィクション。文庫化にあたり、本書発売後に発覚したヤマト・佐川のサービス残業問題を追及した補章「残業死闘篇」を大幅書き下ろし。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた同名タイトル の文庫版となります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2018年11月16日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月21日

    ネット通販と宅配業者の関係や、
    我々利用者からすると「送料無料」が当たり前になっているけれども裏では業者の宅配費用が買い叩かれているという現実。
    ドローン宅配が実現すればまたパワーバランスは変わるのか?しばらくは宅配業者には厳しいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています