赤坂真理の一覧

「赤坂真理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/11/20更新

ユーザーレビュー

  • 東京プリズン
    すごい、すごいよ!この小説は。
    よくこれだけのものを書き切れたと思う。
    メインは「天皇の戦争責任」に関してのディベートなのだが、それまでの狩やスピリチュアルが全て意味を持ちマリのスピーチに繋がっていく。
    アメリカ人の横暴な考えや日本人の卑屈な事なかれ主義、真珠湾、原爆、東京大空襲、はては人間キリスト...続きを読む
  • モテたい理由 男の受難・女の業
     軽いテーマの本かなと思ったら、女性誌を題材にして本質に切り込むようなするどい内容で驚いた。「モテたい」という気持ちの後ろには何があるのかを解明していくので、なぜモテたいのかが分かるが、どうすればモテるかは全然分からない。また、他の著作にもあるような戦争やアメリカなどにも言及していて面白い。話題がハ...続きを読む
  • 愛と性と存在のはなし
    はたと気がつくと、私は性にかなり淡白だったのだろう。割ることをしたとは思うが、それのある程度生まれつきということかもしれない。と思いながら、申し訳ないなと思った。パートナーシップの中でかなり大きな部分を占めるから、この違いは困ったものだ。
  • 東京プリズン
    評価が低いのは、わかる。たしかに読みづらい。パラレルワールド的な展開で進むから追いにくい。高校で読んだ時は離脱してしまった。

    ただ、内容は本当に面白いです。
    もしダメそうだったら後半三分の一だけ読むっていう御法度を犯してもいいのではないでしょうか。核になることが書かれてます。そこだけでも読む価値あ...続きを読む
  • 愛と暴力の戦後とその後
    アメリカから帰ってくる際に、日本の戦後を理解する必要を猛烈に感じた。
    そのため、白井聡と内田樹を読みながら、そうだ、赤坂真理も読もう!と思った。

    自らの半生を振り返りながら、戦後とはなにか、アメリカとの関係とは何だったのかを振り返る姿勢はとてもよいと思う。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!