「赤坂真理」おすすめ作品一覧

「赤坂真理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 東京プリズン
    小説という武器を使って、天皇と日本、戦争と暴力の出自をむき出しにする、その手腕に脱帽。ある意味著者のバイオロジーを剥き身にして晒す。「愛と暴力の戦後とその後」とパリティにして読むと腹に落ちる。
    読者に新たな日本人観、世界観の構築を促す力作。
  • 愛と暴力の戦後とその後
    東京プリズンとパリティになっている。

    現代に至る「日本」というキーワードで隠語として隠されているものをむき出しにする感覚。まるで曼荼羅の様に読者個人の日本人観を再構築させる感覚を持った。
  • 愛と暴力の戦後とその後
    日本近現代史再考。先の戦争で大日本帝国軍は大局的作戦を立てず、希望的観測に基づく戦略を立て、陸海軍統合作戦本部を持たず、嘘の大本営発表を報道し、国際法遵守を徹底させず、多くの戦線で戦死者より餓死者と病死者を多く出し、命令で自爆攻撃を行わせた、世界唯一の正規軍。原爆を落とされ無条件降伏をしながら、その...続きを読む
  • 愛と暴力の戦後とその後
     著者の曖昧なことをそのままにしておくのが、耐えられない感じがすごくいい。「戦争放棄をしていながら朝鮮戦争やベトナム戦争の特需で経済発展」「自民党は保守といいながらアグレッシブに改革する」「学生運動での共産主義が流行ったのは他に反体制の受け皿がなかったから」などなどこれまでモヤモヤしながらもそんなも...続きを読む
  • 愛と暴力の戦後とその後
    アメリカ的近代民主主義に対する戦後日本のラカン的受容(「他者の欲望」の欲望)を指摘し、これを外来の概念を内実の理解を伴わないまま「外来語」としてそのまま受容してしまえる日本語の特質に帰するあたりの言語感覚はさすが。論旨の流れにとっ散らかった印象を受けないではないが、高度成長期から東日本大震災に至るク...続きを読む