竹下節子の一覧

「竹下節子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/10/24更新

ユーザーレビュー

  • ジャンヌ・ダルク 超異端の聖女
    異端者として処刑されながら聖女となったジャンヌ・ダルクについて、そうした事情を招いた背景を論じたもの。ジャンヌ・ダルクの生涯を解説するだけの本だと思っていたのが、想像以上のおもしろさだった。
    ジャンヌが一度は異端とされながら評価が逆転し聖女になったのは、その時代、時代のとらえ方のせい。今の世のなかだ...続きを読む
  • 神と金と革命がつくった世界史 キリスト教と共産主義の危険な関係
    世界史もこのような見方ができるのかというお手本のような本。こういった本がどんどん出てくるようだと、面白くてたまらない。
  • キリスト教の真実 ─―西洋近代をもたらした宗教思想
    現代の市場主義自由経済の諸概念がプロテスタントの価値観で生み出されたものであり、その生みの親であるカトリック的なものが意図して隠蔽されていること。日本をはじめ非キリスト教国が本質を理解しないで西洋近代に相乗りしているため国際社会の中で相互理解を阻んだり、振り回されていることについて、よく整理されてい...続きを読む
  • キリスト教の真実 ─―西洋近代をもたらした宗教思想
    権利の章典には、カトリック教徒は国王になれない、と一文入っている。
    ブレア元首相の奥さんは熱心なカトリックで、ブレアは首相中は聖公会だったが任期後にカトリックに。
  • フリーメイスン もうひとつの近代史
    団体の歴史は他でも書かれているが、各国におけるロッジの成立過程や傾向をはっきりと書かれている書籍は少なく、価値はある。
    本書を読んで気になったことは、著者の情報ソースが確かからだろうが、かなり断定調で書かれていることだろう。
    これ一冊だけで理解できるはずは無いとしても、知りたければ外せないと思われる...続きを読む