≪2020年1月号≫月刊 書店員すず木

このエントリーをはてなブックマークに追加
≪2020年1月号≫月刊 書店員すず木
この道10年のプロ書店員・すず木です!
前月に配信された新作マンガで実際に読んで面白かったものの中から1作品を勝手に「今月の書店員すず木賞」としてご紹介!

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

今月の書店員すず木賞

前月の新刊からピックアップ♪

      • 逃亡者エリオ 1

        逃亡者エリオ 1

        最凶監獄「ヘル・ドラード」から千人を倒して出獄したエリオは処刑寸前の貴族の娘ララに出会い、共に逃亡を開始する。しかしララの出自の真実が二人の運命を大きく変えて…!? 生きるために、エリオは逃げる…!! 14世紀カスティージャ王国の大地で繰り広げられる逃亡バトル歴史活劇開幕!!

        王道の少年マンガ好きに是非読んでいただきたい、強さ・正直さ・友情の物語!!

        「生きる権利」は持ち合わせていても、「生きる目的」を見失いがちな現代。
        そんな時代だからこそ、「生きることに必死」であるキャラクターが活躍するアツいマンガを読みたくなるのではないでしょうか。

        時は14世紀―
        弟殺しの罪で捕えられ千人を倒して出獄したエリオは、身に覚えのない罪で処刑寸前の貴族の娘ララと出会います。
        一度は死を受け入れたものの、運命に抗うことを決めた少女ララは、己を信じ突き進むエリオと共に逃亡の旅に出ることに。
        二人を追うのは罪人を裁くことに執念を燃やすバルド。
        さらに謎の暗殺者も現れ、より混迷を深めます…。
        ララに重大な出生の秘密も判明し…!!
        カスティージャ王国の大地で繰り広げられる逃亡バトル歴史活劇開幕です!!

        逃亡の途中、素足のララにエリオは自身の靴を差し出します。
        でもララは貴族出身。
        罪人の靴を履くことに一瞬躊躇いを覚えるのですが、すぐに自分が無意識に人を見下していると気づきます。

        それは無実であると訴える彼女の言葉に耳を貸さず、罪人と決めつけて笑いものにしていた群衆と同じではないでしょうか。
        その気づきにより、ララは自分が身勝手な人間であったと反省し、今までの価値観を捨て真っすぐに強く生きるために逃げることを誓うのです。

        正しいことが正しいとされない時代、不条理に立ち向かう彼女の姿に、読む側の拳にも力が入ります。
        また「自分自身を信じる!」と言い切るエリオだからなのか、ララや周りからの差別も飄々と受け流し、向かい来る敵を軽々と打ち砕く姿に、スカっとすること間違いなしです!

        強さ・正直さ・友情が揃った王道の少年マンガが好きな方には是非読んでいただきたいストーリーですが、
        さらに注目すべきは、描くのが『錻力のアーチスト』『シュガーレス』など、ガチンコマンガに定評のある細川雅巳先生であることです。
        力強いタッチで描かれる迫力ある画面は流石の一言です!!

        「生きる事に貪欲であれ。」というメッセージが胸を打つ今作。
        波乱が予見される今後の展開から目が離せません!!

こちらもオススメ!!

惜しくも今月の書店員すず木賞からは漏れたものの、オススメの作品をご紹介!!

書店員すず木

2005年より電子書籍サイトの仕事に携わる、この道10年以上のプロ書店員。
年間に読むマンガの冊数は2000冊以上。
「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、オススメのマンガをご紹介します。

最近の書店員すず木:今年最初に読んだマンガは『呪術廻戦』の新刊でした。

新規会員限定半額クーポンプレゼント