菅野文の一覧

「菅野文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:菅野文(カンノアヤ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年01月30日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

2001年『ソウルレスキュー』でデビュー。『ココロに花を!!』、『北走新選組』、『オトメン(乙男)』などの作品を手がける。代表作『オトメン(乙男)』はドラマ化されている。

公式Twitter

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/16更新

ユーザーレビュー

  • キング・オブ・アイドル 薔薇王の学園 1
    めちゃくちゃ面白いです。
    原作を読んでいるからこそここでのギャップが笑えます。原作を読んでから読むほうが絶対いいです。
  • 薔薇王の葬列 16

    とまらない

    リチャードへの裏切りが止まらなくて読んでいて苦しい。
    でも愛される人には深く愛される人、それがリチャード。
    ラストがどうなるか怖いけれど知りたくてとても気になっていましたが、何と美しい終わり方か。
    愛してくれる人たちに守られて戦場を去っていく事が出来て良かったです。
  • 薔薇王の葬列 17

    まさか

    へんりーが出てくるとは思っていたけれど、まさかのラストに驚きでした。

    この作者様はどの作品ものめり込ませてくださる、力を持った技術者様だといつも思っております。
    漫画家さんという単語ではうまく伝わらない…芸術家様の作品というとしっくりくる…と申し上げておきます。
  • 薔薇王の葬列 6

    せつない

    兄弟がまとまって、とりあえずよかったです。
    ヘンリーへの気持ちがようやく自分でも受け入れられるようになったのに、残酷な再会。
  • 薔薇王の葬列 3

    絵も台詞も美しい

    息苦しくなるほどの切なさと、残酷さと美しさetc…。最近の少女マンガで、ここまで登場人物(ヒロインに限らず複数)に感情移入できる作品は珍しい。
    ヒロインに好意をよせる男性たちが皆、素敵です。
    命懸けで守ろうとしてくれる人ばかり。
    とにかく、読んでその世界に浸ってみてください。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!