九龍城探訪

九龍城探訪

作者名 :
通常価格 3,465円 (3,150円+税)
獲得ポイント

17pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

九龍城ファンの間で伝説的な写真集「City of Darkness」の日本語版─在りし日の九龍城が蘇る──


魔窟と呼ばれ、惜しまれつつも1993年に撤去されてしまった“City of Darkness”こと九龍城。

九龍城は、大都市香港の中心に紛れもなく存在した。
ここでは法律は適用されず、警察官も立ち入ることができなかったため、文字通りの「無法地帯」であった。
「一度入ると二度と出られない」などといった数々の都市伝説を持ち、多くの人間を魅了しながらも、外部の人間の侵入を拒み続けたため、その内部での生活について語られたことはほとんどない。
その九龍城はどのように生まれたのか?住民たちがこれほど過酷な環境で生活できたのはなぜだったのか? 取り壊しを前にした生活者たちのありのままの姿、さらに九龍城の歴史を収めた本書は、もはや存在しないこの特異なコミュニティを浮き彫りにした、比類なきドキュメンタリーである。

全盛期の九龍城内部を取材した唯一の書籍であり、生活者のインタビュー、内部および外観写真、九龍城が完成に至るまでの歴史などで構成された九龍城ファン必携の写真集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
イースト・プレス
電子版発売日
2016年11月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
325MB

九龍城探訪 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月06日

    現代日本に暮らしていては決して見る事のできない建物群に衝撃。写真を眺めているだけで面白いしワクワクする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月24日

    何故ひとは九龍城にこうも惹かれるのか。
    世には廃墟マニアという人種が存在する。私にもまたその傾向がある。
    恩田陸は著作の中でこう語る、廃墟とは人がいたところ、過去の残骸、かつてたしかにあった営みの記憶の焼きついた場所であると。
    歳月が経ちその営みの記憶が風化してもなお形骸化した器は―「建物」は残る。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月25日

    かつて香港にあったスラム・城砦である九龍城のカラー写真満載の本。
    よくぞあれだけ無秩序に増築され、多くの人が暮らしていたものだと、感心してしまう。
    廃墟後の写真集なども出版されているが、この本は実際に生活している人がまだいた当時のものであり、とても興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月29日

    写真とともに多数のインタビューが収録されていて、とても面白いです。これはいい。九龍城砦内の様々な人々の生活の様子がよく解る。
    お値段ははるが、それに見合う内容だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月24日

    写真も、住居者へのインタビューもしっかりしていてとても面白い。巨大な建築物として、小さな都市として、ともに司法の手の及ばぬところで着々と人々が一日を営んでいたことがよく分かる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    魔窟と言われた時代の九龍城。
    ただの写真集でなく、住民たちのインタビューがあり、
    そこでの生活がいきいきと想像できる本。
    寝床に持ち込んでちびちび読んでます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    魔窟で暮らしているのは魑魅魍魎の類か水パイプをふかす虚ろな廃人か。実は俺たちと同じ普通の人間だった。明日の食事に悩み、子供の将来を楽しみにしている人たち。九龍城に抱くイメージを大きく破壊された。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    魔窟と恐れられる九龍城で、実際に生活している人達の様子を、インタビュー記事とカラー写真で綴る。見ごたえ充分で、何度読み返しても飽きません(私だけか…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    九龍すげーよ、とにかくすげーよ!! 3万人も暮らしているのに、蛇口が8個しかないってどういう世界だ。なくなってしまったのが自分勝手に惜しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    原書(洋書)を持っている人には退屈な本かもしれないけど、原書で読むのが億劫な時には重宝する本。写真集としても楽しめるし、読み物としても楽しめる1冊。九龍城砦好きならマストアイテム当然。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています