【感想・ネタバレ】ゆきうさぎのお品書き あじさい揚げと金平糖のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

6巻【あじさい揚げと金平糖】

蜜蜂 2020年03月26日

十数年も消息不明だった大樹さんの叔父・零一が現れた事で、「ゆきうさぎ」存続の危機が訪れます。最初は本当に嫌な叔父さんという感じでしたが、徐々に彼の事情も語られ結局そう悪い人でもなかった…というのがこの作品らしいなと思います。大樹さんもお人好しだなぁとも思いますが、遺産相続とか金銭を巡る問題はドロドロ...続きを読むして読んでいると消耗する事が多いので、多少ご都合主義でもまるく収まってホッとしました^^。そして今回はお弁当の話にジーンとしました。個人的に、碧ちゃんと父の玉木父娘が大好きです^^♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月28日

シリーズ6作目。

前作の終わり方がハラハラとした終わり方だったので
一騒動あるとは思っていたけど、

いつもほのぼのとしたゆきうさぎが
今回は少し激動な巻になっていました。

ハラハラさせられたけど、
同じくらいほろっとさせられた場面もあり

碧の教育実習初日の朝、

父親が一生懸命覚えた料理で作...続きを読むったお弁当を持たせてくれ、
亡き母親に買ってもらったスーツを着て、

両親のエールを一心に受けたような気がして
何があっても頑張れる勇気がわいてくる!

と出掛けるシーンは、
ぐっときました。

それにしても、
前作で意味深な終わり方をしていた登場人物が一波乱起こし、
ラストはいい終わり方におさまるとは。

とにかく、いつものほっこりゆきうさぎになってよかった。

次作も楽しみになりました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月28日

叔父が現れたから今度こそゆきうさぎはどうにかなってしまうのではないだろうか、と思ってしまいました。
叔父さんの問題は根本的には解決していないのかもしれないけれど一応丸く収まってくれて一安心。
やっぱり根っからの悪人は出てこず。

碧ちゃんの恋も解決してくれてよかったです。
あれで次巻持越しになったら...続きを読む作者をきっと恨んでました(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月14日

今回のシリーズは色々な人間模様、少し重たげの内容だった。その中での父の蒼への手作りお弁当、ホロリと来た。
最後の最後にまとまった感があるが まだまだいろんな事が起こる予感‥
次シリーズに期待大!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月08日

シリーズ6冊目もとても面白かったです。
前巻の終り方が不穏で続きが気になっていたのですが、今回ははらはらしました。
大樹さんのご家族のことが多くかかれていました。
結局は、雨降って地固まる…という、ゆきうさぎか良い方向に変化したのかな?というところです。これからが気になります。
大樹さんと碧もついに...続きを読む…!良かったね。
悪い人がいないって安心します。時々は、こういう世界にも浸りたい。
続きも楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月16日

遺産請求に現れた大樹の叔父、開店当初の先代と友人と現老婦人、碧父が大樹に教わる碧の弁当用料理、発熱と大団円。幾重もの視点。碧や叔父の父娘模様や碧父と大樹の近しさがこそばゆい。碧は優等生すぎて過去反抗期有が嘘のよう。悪い人が一人もいなくて、シリーズの芯の揺らがなさにほっこりする。おかずも甘味も幸福感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月01日

最初から、どうなることかと思ったけど、色んなことが
落ち着くところに落ち着いてよかった。
大樹と碧の関係も、いい感じだし♪
ここで完結なのかな。
めでたし、めでたし、でいいかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月26日

祝 おつきあい。

ご飯も美味しそうでしたね。
問題も解決して何よりです。

タマちゃん卒業近いのかー。早いなぁー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月25日

どんなに辛いことがあっても生きていくためには食べることが必要。
それが日常で、日常の連続が生きていくことだ。
食べるということは生きるというと思う。
読めば読むほど美味しそうでお腹が減ってくる。

このレビューは参考になりましたか?