【感想・ネタバレ】ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬けのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年10月31日

こちらも前作を読んでから年単位で過ぎてるけど、読み始めると細かいところも思い出せて楽しかった。

碧ちゃんを取り巻く知人たちの短編集になってるのも飽きなくていいな。
碧ちゃんは主人公になるには若干地味(笑)? なところがある? いい子すぎるんよね。…ので、周囲のキャラクタたちを掘り下げていってくれる...続きを読むのは楽しいな。

ごはんの描写もますますおいしそうになってるし、楽しい本やった。

と、思ってたら、終章の大樹くんどうよ。びっくりしたわ。

おいしく甘酸っぱいシリーズになってるなあ。続きも読もう。
あと、中華粥めっちゃ食べたい。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

4巻【親子のための鯛茶漬】

蜜蜂 2020年03月26日

今回のメニューはアイスクリームと鯛茶漬けと肉団子と茶わん蒸し、そして中華粥や定番のカレーやメンチカツ、どれもこれも美味しゅうございました♪。主要人物たちの転機の時期でもありました。蓮さんやミケさんは仕事、碧ちゃんの友人・玲沙ちゃんは家族、みんな将来に向けて色々悩んで決断します。碧ちゃんにはあまり変化...続きを読むないかな~と思っていたら、周りが賑やかになってきましたね☆大樹さんが自覚しちゃいましたし、碧ちゃんの亡き母の教え子さんがどう関わってくるかも含めて、今後が楽しみです^^♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月07日

ミケさんの話が一番胸に来ました。
私もどちらかというとフラフラしていると言われがちな立場だし結婚もしていないからチクチク言われるし…。
ミケさんの「針のむしろ」がよくわかります。

大樹のほうもタマちゃんへの気持ちに変化が現れたようでワクワク度アップ!
恋未満のワクワクも楽しかったけれどこのまままっ...続きを読むすぐ2人の気持ちが繋がってほしいなぁ。
でもライバル現る!って感じだったからそう行かないかなぁ?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月09日

相変わらず出てくる料理が美味しそうでほんわかした雰囲気だけど、周りの状況にちょっとづつ変化が出てきた。重い話はない(だから現実味があるけど読みやすい)けど、ちょっとした人生の岐路に佇む登場人物への別の登場人物へのアドバイスが結構参考になります。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月05日

やっと、やっと恋愛の方が動き出しましたね笑
大樹くんは茄子好き仲間としてかなり好きキャラなので、幸せになってほしいもんです。えぇ。

それにしてもこの本は本当に揚げ物食べたくなるな…。お腹減った…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

パリ時代の友人による引き抜き話とパティシエの蓮、玲沙と弟たちと母の再婚話、ミケの契約社員話やお見合い話等、四話中三話は脇役による番外編のよう。母の教え子の青年が碧と大樹の関係に一石を投ずる四話目で一気に本筋へ。大三の碧の進路を思う大樹や彼の自覚が何だか意外。沢山の温かい家庭料理が変わらず美味しそう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月09日

親子だからこその葛藤やその関係性に共感しながら読みました。
少しずつ変化していくまわりの状況にどう、二人の関係が変わっていくのかとても気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月27日

久しぶりにキュンキュンした。
登場するメニューは相変わらず美味しそう(*´Д`*)
少ーしずつ詰まっていく距離感がたまらない。
けど、時期的に次巻から話がぎゅんと動きそうで、ある意味複雑(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月01日

人生の岐路に立った時、他人にアドバイスを受けるのはもちろんだけど、最終判断は自分の責任で!今回は登場人物の様々な岐路を垣間見て その決断に一喜一憂。話は変わるが 大樹の純愛はどうなることやら(笑)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月24日

鯛茶漬けがあんまりにも美味しそうでジャケ買い

一巻を読んで間をとばしてこの巻を読みましたが
一話ごとでもあるので問題なく読めました
ようやっとそれぞれ気持ちに気付いたようで
このあとも長そう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月28日

シリーズものやったんですね。どうやらその途中の巻から読んでしまったようですが、十分楽しめました。
けど、大樹とタマちゃんの関係をもうちょっと味わってからの方が、最後の一文をもっと楽しめたのでは。。。!
ここに出てくるごはんはどれもおいしそうなんですが、何より作り手の気持ちがこもったお料理がたくさん出...続きを読むてきます。まさに、「大事な人の、おいしい顔は、うれしい。」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月19日

シリーズ4巻もほっこりしました。
ミケさんのごたごたは身につまされるところもありましたが収まって良かったです。
ゆきうさぎにミケさんがいなくなるのは寂しいですが、変わらないものは無いので…ラスト、大樹さんが自分の気持ちに気付いて、これからは大樹さんと碧の仲も恋愛の方向に深まっていくのかな、と思います...続きを読む。今までのほのぼのした関係も好きでしたが。
今回もお料理もとても美味しそうでした。中華粥に鯛茶漬け…食べたいです。イクラは苦手なのでなくて良いですが。巻末のレシピが嬉しいです。
続きも楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月15日

タマ三年生の一年。イギリスで店を開く友人に一緒にやらないかと誘われて迷う蓮。タマの友人の玲沙は田舎の母の突然の再婚話に戸惑う。ミケさんは親戚たちから就職や結婚について責められ、将来に惑う。みんなそれぞれの未来にむかって動き出し、ゆきうさぎにもあらたなお客様が……。

今回は親子の話。蓮の決断とかミケ...続きを読むさんの就職とか当て馬らしき新キャラの登場とかいろんなことが動き始めた感。そしてついに自覚。大樹さんほんとスパダリ力強いのにこんなにウブってずるい。ちょっとじれったいけど良い人しかいないので安心して読める。でももうちょい踏み込みが欲しいような、お行儀が良すぎてもったいない気持ちになることもある。まあたまにはこういう本もないとな……。

このレビューは参考になりましたか?