【感想・ネタバレ】取締役 島耕作(1)のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

出世魚

まさやん 2020年05月19日

課長から、順調に、出世している島耕作。
サラリーマンの憧れですね。最後は、会長後、相談役ですかね~?

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

役員になっても島耕作は元気です

strawberry 2020年04月28日

役員になっても、保身に走りつまらなくなる事なく、邁進して、前に前に、上に上に、進んで行きます。そろそろ、物語も停滞期に入るのではとも思いましたが、ストーリーに衰えはありません。すごいバイタリティです。
いつまでも女性に対して現役なのも、ここまでくると天晴れです。女性関係のイラつきやムカつきは、やっと...続きを読む、自分の中で壁を通り越して来た感じがします笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月11日

課長→部長ときてこれでついに3役職目に突入。「取締役島耕作」2002年当時。日本社会はいまだ不況が続き年間自殺者数が3万人を超える「失われた20年」の真っただ中に居る島耕作と日本。当然といえば当然ではあるが、このタイミングで周りにも色々な変化があった。大泉会長夫人が亡くなり、大町久美子が日本に戻って...続きを読むきた。色々あった今野さん(ほんとに色々あった)が引退し、だが最後の出勤日にスポーツカーで出迎える粋なサプライズをするのはさすが島耕作。(何故スポーツカー?とは思ったが…)利害関係を行動の規範にしていたら絶対この判断にはならない。とても見習いたい人として大事なところ(それゆえなかなか難しいのだが)だ。耕作に付きまとっていた?千鶴の結婚と耕作自身の福岡から上海への転勤。かつ子との二度目にしておそらく今生で最後の別れ。滑稽な「にわか面」が余計に物悲しくさせる。(写真①)かつ子とは来世で結ばれて欲しい。辺見さんならきっと幸せにしてくれそうだが…日本料理の料理人は何故か一途に見える。チャコだけは上海について来た。これからまた新しい街と人種さえちがう社会と会社のなかで「取締役」島耕作の闘いの日々が始まる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

中国シリーズ。

中国は単なる生産拠点ではなく、
一大マーケット、開発拠点にまでなりうるというのは
非常に驚きだった。
島さんのモテっぷりにも驚き(笑)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

全8巻。ちょっと自分の中でマンネリ化してきました…日中経済の構造が垣間見えたりして面白いのですが…常務になって、どうなっていくのか…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月08日

中国を舞台に島耕作が出世街道をひた走る!
中国ビジネスの魅力と危うさ。このシリーズは特にその2点を中心に島耕作がビジネス展開を繰り広げる。日本の高度経済成長期を再び経験しているような錯覚に陥りつつも、平家物語に象徴される
「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もついにはほろびぬ...続きを読む、ひとえに風の前の塵に同じ」
となる時代の流れの渦にいる危機感も同時に体感できる。
あり得ないモテ具合も健在で、男性陣から見れば憧れの対象であり、
また妬みの対象にもなるだろうなあ~と思う。
中国と日本の経済や言動、行動の違いの根底にあるものは
何なのか鋭く指摘しており、さすが弘兼先生だなあと感心しまくり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月15日

仕事以外の場面が多く、ストーリーにあまり面白みがないし、なんとなく惰性で続いてしまっているような気がする。一つ一つの話しの作りこみが雑な感じがするし、「課長島耕作」の時のほうがずっと面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

島耕作に見習うところはあるけど、運が強すぎ。そこまでうまくいかないだろうと思うけど、ついつい読んじゃう。

このレビューは参考になりましたか?