【感想・ネタバレ】PEACE MAKER 鐵 12巻のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月24日

表紙の左之からラストの左之までこの巻で一番かっこいいのが左之だった。誠の旗を持った逆光のページなんて鳥肌立つくらいかっこいい。

鬼の副長の名の通り土方さんが鬼になってしまったけど、我に返るのは近藤さんが死んだ後になるのかな。ここまで近藤狂いなのだから処刑された報せを聞いたらどうなってしまうんだろう...続きを読む

そろそろ大鳥さんのショタ姿に慣れる頃かな…と思って読み進めてたら後半のゲス顔にぞくっとした。なんでショタ化したんだろうと思ったら史実を元にしてたんだね…
貴方賊軍じゃん、って思ってたのにこの大鳥さんだとなんだか勝ってしまいそうな気になるから怖い。でもこの巻で惚れてしまったのはまさかの秋月さんだった。

辰之介がどんどん壊れていくな…7巻でああなってしまったのはこの頃の土方を見てしまったからなのかな。大体は上官である土方のせいな気がする。
彼の異変に気づいてた山崎君もいなくなってしまって果たして救われるんだろうか。

そして今回も沖田さんの出番がなくて悲しい。3、4巻後くらいじゃないと本編に再登場しない気がして悲しい。でもまだ生きてる(と思う)から希望が持てる。
戊辰戦争の中では個人的に会津戦争が気になる。(好きと言うには不謹慎すぎるので)早くあの辺りを読みたいなぁ。白虎隊とか登場する隙があるといいな…

このレビューは参考になりましたか?