【感想・ネタバレ】さぬきらへん(1) のレビュー

書店員のおすすめ

タイトルから「うどんのお話かな?」なんて思ったそこのあなた……全然違います!

「妖怪が見える」という不思議な力をもった主人公、佐貫良平(さぬきりょうへい)。これが今日び珍しいほどのお人好しで、ある日突然現れた妖怪兄妹と同居を始めてしまいます。さてどうなることやら…。

妖怪が登場するマンガ作品は数知れず。人と妖怪の軋轢を描いたり、すごい力を持った妖怪たちが戦ったり・・・。でも、今作ほど""心が暖かくなる""作品は今までなかったんじゃないでしょうか。1話読んで計らずも涙が出ました(書店員33歳男性)。

著者の大山容さんが、優しく時に力強く描き出す人妖同居譚「さぬきらへん」、必読です。

ユーザーレビュー

購入済み

隠れた名作

2018年04月06日

佐貫の純粋な優しさがとても良い、案外抜けてる感じの佐貫のおかげで周りの妖怪達の性格がより輝いているように見える。一度何かでみんなの目に届くことがあれば一気に人気になる作品だと凄く思う。書籍化したらワシは絶対買うので是非是非…

このレビューは参考になりましたか?