W・チャン・キムのレビュー一覧

  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    バリューカーブは有用。ブルーオーシャン戦略の事例は読んでいてドラマがあり、面白い。どこに力を入れるのか、どこは力を抜くのか。ブルーオーシャンとレッドオーシャンでの生き方が分かる。世界情勢を見るときの感覚が変わった。
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    考え方「競争よりも新規市場の創出を重視して、競争を無意味にしよう」
    ブルーオーシャン戦略の基本フレームワークは、バリューカーブを使った戦略キャンバスを描くことであり、何かを取り除いたり、付け加えたりする事を他社とのベンチマークで考えていく。そのなかで、自社のターゲット領域の周辺を代替案やそこに使われ...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    ・仮にコミックリリーフが差別化か低コスト、どちらかの戦略を追求していたなら、戦略はどのようになっていただろう。差別化戦略を選んでいたら、業界の既存手法に何か足すだけで、コストを下げる為に何かを取り除くか減らす可能性に突いてはほとんど注意を払わなかっただろうか。差別化戦略ではなく、低コスト戦略を選んだ...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    死屍累々のレッドオーシャンでもがくのではなく、ブルーオーシャンへと漕ぎ出すにはー。

    いまや当たり前に使われる「レッドオーシャン」「ブルーオーシャン」という用語が普及するきっかけになった書籍の続編である本書は、組織においてどうブルーオーシャンへとシフトしていくかのエッセンスが詰まっている。
    一言でい...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    「ブルーオーシャン」の著者が書かれた、その理論を実現するための行動に関する指南書です。どうすれば赤い海から青い海に移れるのか。そのための具体的な方法が細かく書かれています。この理論が有名になり、あらゆる場所で試行錯誤していくことに、著者が一緒になって取り組んで行かれた努力が生み出した内容になっている...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    「ブルーオーシャン」とみんな言うが、どれだけの人がその本を読んでいるのだろう?本書は、その『ブルーオーシャン
    戦略』の著者が、どのようにブルーオシャンを進めていくのかについて、実践的に指導。元々の『ブルーオーシャン戦略』を読んでから本書を読むのがオススメ。
  • ブルー・オーシャン戦略論文集
    あの「ブルー・オーシャン戦略」をまとめ上げる中で、ハーバード・ビジネス・レビューに掲載された著者たちの論文をまとめたものです。全部で10の論文が収められているので、一つ一つの論文を読んで、この考え方について一つひとつ丁寧に理解することができて有り難かったです。戦略キャンバスという主題となる考え方につ...続きを読む
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    ざっと読んだだけですが,最高にスリリングでエキサイティングでした。そりゃベストセラーになるわ。自分の事業に当てはめてじっくり考えてみたい。
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    血の海から抜け出して、青く拓けた海に出る戦略。
    私は「差別化」の延長と勝手に捉えていたので、本を読んで、この戦略の意味するところをやっと把握できた。

    ブルーオーシャンは、「価値創造」と「コスト削減」の両方を実現していなければ、模倣され、すぐレッドオーシャン(血の海)になる。

    ブルーオーシャン戦略...続きを読む
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    セールス&マーケティング型の事業を行うものにとって必読の一冊。従来型のマーケティング論とは一線を画す画期的な内容だった。
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    売り手と買い手双方に利益をもたらすブルーオーシャン戦略について実例を挙げて分かりやすく解説している。特に陥りやすいレッドオーシャン的な考え方からの脱却のしかたはビジネスマンであれば頭に止めておくべき。
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    10年前にこの「ブルーオーシャン」が出版されて以来、いろいろな場面で「ブルーオーシャン」と言っている人を見た。本当にこの人は、「ブルーオーシャン」が分かっているのだろうか、あの本を読んだのだろうかと思っていた。今回、新版を改めて読んでみて、そんな自分も「ブルーオーシャン」のことをずいぶん忘れていたな...続きを読む
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    「行きたいけど行けない、でも、行かなきゃ行けない」現状に歯痒さと、無力さを感じると同時に、未来への希望と活力を与えてくれる、そんな一冊です。
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    ブルーオーシャン!なんとなく知ってると思ってたけど、けっこう知らないことばっかりあった❗差別化だけでなく低コストの両方がブルーオーシャンなのだ。ほとんどの企業がコストか品質のどちらかを他社の上をいこうとする戦略をとっているが、これでうまく行くならいいが上には上がいるので大きな効果を得ることを少ない。...続きを読む
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    僕が一番しっくりきたのは「変える必要性を認識してもらう」ということ!!
    ここなくして、企業の改善はありえない。社長が本気になっていなければどんなにコンサルがついてもうまくいかない。
    これは本当に本当に本当に大事!!
    表面的な悩みには本質はない、
    なぜそう思われますか?
    〇〇という理解でいいですか?
    ...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    ブルーオーシャン戦略の指南本。
    事業創造戦略とは。
    実際は電子書籍だが、検索結果でなかったのでこちらで登録

    メモ
    ・イノベーションで破壊が起きるのは、そこに代替の要素が存在する。高機能により代替されるものもあれば、必ずしも高機能とは限らず、破壊的イノベーションのような、ニーズを満たす低機能の製品の...続きを読む
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    競争のない新たな価値領域を創造する。そして、無駄な機能を省き、適正コストてなるバリューイノベーションをおこす
  • [新版]ブルー・オーシャン戦略
    ・ライバル企業に対して優位性を取ろうとすればするほどライバル企業との差異が小さくなっていくという矛盾がある

    ・コストを下げて、価値を上げることで競合を寄せ付けなくなる

    ■戦略キャンバス
    ・既存の市場についての現状を把握する
    ・競合が何を売りにしているか
    ・競合の顧客は何をメリットに感じているか
    ...続きを読む
  • ブルー・オーシャン・シフト
    ブルーオーシャンへの移行方法を詳細に記載された本。例えは分かりやすかったが、全体的には抽象的だった。前作の『ブルーオーシャン戦略』を読んでいなくても理解はできる。
  • ブルー・オーシャン・シフト
    いつも思うが、この手順で事業を見直さないといけない。
    実践に移してなんぼなので今回は必ず取り組みたい。