福島真太朗のレビュー一覧

  • [第2版]Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践
    最低限必要な知識
    ・Pythonをすでに勉強していること
    本書で解説されること
    ・主な機械学習の手法
    ・感覚的な数学的説明
    ・scikit-learnなどの最低限の外部ライブラリを用いたコーディング
    ・TensorFlowの使い方
    本書では解説されていないこと
    ・詳細な数学的背景(PRMLなどで補強...続きを読む
  • [第2版]Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践
    機械学習と深層学習の各種アルゴリズムの理論とPythonでのアルゴリズムの書き方、さらにはそれらのパッケージの実際の実用コードまで書かれている、網羅的な教科書
    機械学習にしても教師あり学習の分類と回帰、教師なし学習、NLPを網羅し、さらに深層学習ではNNの基礎からCNNやRNNについて書かれていてT...続きを読む
  • Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践
    第1章 「データから学習する能力」をコンピュータに与える
     機械学習の全般的な説明、教師あり学習の分類・教師あり学習の回帰・教師なし学習・クラスタリング・ニューラルネットワークについて説明がある。
     強化学習についての説明はない。
    第2章 分類問題
     irisデータセットで分類問題を解いていく。
     ...続きを読む
  • Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践
    いろいろなアプローチが掲載されており、事あるごとに振り返ると良さそうな良書です。原理面の説明もなるべく平易にしてくれようとしており、比較的理解しやすかったと思います。
  • データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編
    前半の、さらに前半(2章)は、昨今流行りの人工知能・機械学習について、なぜ流行ったのかと原理の話、後半2章はやはり流行りの教師あり学習教師なし学習の実例のようなものをサラッと。

    これまで読んできたいくつもの機械学習・人工知能の本に出てきた話が次々出てきて綺麗に並んでいて関係が解りやすかったし、それ...続きを読む
  • Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書
    普通にPythonのデータサイエンス系のモジュール紹介。目新しい内容は別になかった。1冊目としては重要なところを網羅している感じでよさそう。
  • Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書
    データ分析に便利な、pythonと各種ライブラリの紹介です。あまり詳しくはないので、使い込むには別途文献を参照する必要があると思います。また私はpythonに詳しくないので、まずpythonを勉強しないといけないです。
  • データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編
    全体観を掴むためにパラ見。

    用語のつながりをなんとなく掴むにはよかった。
    ただまあやはりこの手の本はターゲットが分かりにくい。
  • データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編
    全体像を掴むには良い

    機械学習の初心者が全体を俯瞰するには適している本だと思います。

    この本を読んで興味を持った分野があれば他の本でさらに学習していくのが良いのではないでしょうか。