三萩せんやのレビュー一覧

  • 映画ノベライズ 弱虫ペダル
    映画を観ることが出来なかったから
    本を買ってみた。
    ノベライズだから、映画そのままだと思う。
    廉くんのヒメヒメソング、可愛い
  • 魔法使いと契約結婚 ふしぎな旦那様としあわせ同居生活
    こういうの、だーいすき!
    人に頼られるばかりで疲れてしまった深月の前に現れたのは、超イケメンの自称魔法使い!
    しかも、性格がよくて家事全般ばっちりで、ほんっとに優しいって!
    白馬の騎士かよってぐらい。
    くろねこのタロウも烏のジョーもいい味出してる。
    本当の婚約者ではないなんて思えないぐらいの甘々ライ...続きを読む
  • 魔法使いと契約結婚 ふしぎな旦那様としあわせ同居生活
    不器用なところとか、人に頼られるところとか、結構似たところのある「夫婦」なのかな?出会いは驚きの連続だったけれど、深月にとってもキリヤにとっても運命だったのかも...。と思えてくるくらい、しっくり来る。深月の順能力はすごいと思うけど。
    少しずつ、お互いのことを頼ることが出来てきているように見える2人...続きを読む
  • 図書館ホスピタル
    読書記録です。まだの人は読まないでね。

    タイトルでこういうお話かな~というのは想像通りだったし、内容も予測通りの流れでした。
    が。あえてみんなに読んで欲しいなぁと思える1冊です。
    オススメの本として『サラダ記念日』が出てきますが、発売されて話題になったときに読んだ感想は、内容よりも「字余りすぎるや...続きを読む
  • 図書館ホスピタル
    読みやすいし、楽しかった…!
    心が温まるし、キャラクター一人ひとりが魅力的!
    「サラダ記念日」「星の王子さま」「西の魔女が死んだ」
    等また読みたくなりました。
  • 一刀両断のアンバー・キス
    面白かった―(*´∇`)
    せんやさんの作品はこれで読むの3本目ですが、こちらも女の子たちがみんな可愛くて、そんでもってエロくて積極的で最高でした。
    琥珀かわゆいよ、琥珀。
    ナイスおっぱい。けしからんおっぱいです。

    ハーレムバトルものって読んだの初めてだったけど、可愛い女の子に追いかけられて、ちゅー...続きを読む
  • たま高社交ダンス部へようこそ【電子特別版】
    面白かったー!!

    魅力的なキャラと、次々主人公に迫りくる難題、怪我、ライバル!!
    テンポ良い展開で、全く飽きることなく一気に読めました(*´∀`*)

    社交ダンスというと、とっつきにくい題材かなあ、と思ってたんだけど、ダンスに使う曲がアニソンだったり、フィオナ先生がきちんと社交ダンスの説明してくれ...続きを読む
  • 魔法使いと契約結婚 : 2 あぶない後輩とやきもちな旦那様
    キリヤの焼きもちが微笑ましい。
    深月が何も気付かないのは鈍すぎでしょう!w
    でも、それも、とんでもない後輩ヒロミのおかげで動きだして。
    最後は、もう、もう、甘々すぎて、きゃーーーーってなる。
    あの怪我って本当に?w
    実は、なんて思ってたのだけど。
    これで物語は完結なのかな。
    大団円とも言えるラストだ...続きを読む
  • 魔法使いと契約結婚 : 2 あぶない後輩とやきもちな旦那様
    主人公は30歳になったのに、何とプラトニックなお二人か。
    恋のライバル(兼魔法使い)に初恋の相手など、お互いに嫉妬心を呷る新キャラが登場し、二人とも自分の気持ちを見つめ直すいい機会になったのではないでしょうか。
    そのせいで、すれ違いも発生しましたが。
    冒頭の幸せな正月風景が印象的だったので、すれ違っ...続きを読む
  • 鎌倉やおよろず骨董堂 つくも神探偵はじめました
    自分の力を人に信じてもらえなかったら...。親が甘やかしまくってたら...。人のことを信じられなくなったり、ひねくれたりしても不思議じゃない。信じてもらえない理由である付喪神が嫌いになる可能性だって。付喪神と話せる不思議な力を持った琴子は、そんなことは全くなく、とにかく素直。おどおどしているところは...続きを読む
  • 鎌倉やおよろず骨董堂 つくも神探偵はじめました
    途中まで、登場人物にいらっとさせられっぱなしだったのだけど、だんだんと慣れてくると、コミカルな展開が面白くなってきた。
    あまりに頼りない琴子は成長していったし、真暮警部は、本人は変わらないのに印象が変わったいった。
    (真暮って、マグレとメグレをかけてたりする?)
    琴子にしか見えない聞こえないつくも神...続きを読む
  • 神さまのいる書店 想い巡りあう秋
    今回は「謎の人」ナラブの話が中心。何故、この不思議な書店を開くことになったのかが語られる。
    大切な何かを必死に探そうとしたり、守ろうとしたり...。諦める方が簡単なのに、やり続けるのはすごい。
    ヨミとサクヤも悩みは尽きない。「両想い」だったことは分かっていても、時間が経つと不安になるよなぁ。伝えるっ...続きを読む
  • 図書館ホスピタル
    文章もストーリーも、よく言えば敷居が低いってゆーか読みやすいです。
    が、個人的にはもっと深さとか奥行きがあればなー、惜しいなーってのが正直なところ。

    続編あるのかな?
    あれば読もうと思います(^^)
  • 神さまのいる書店 想い巡りあう秋
    進路やサクヤとの関係に悩むヨミ。
    そういう悩みがなんだか甘酸っぱい。
    ナラブとコトハが、もう、もどかしいやら、こちらまで
    恥ずかしくなるやら。
    忠実な執事のトジも好きだわ。
    大団円の雰囲気だけど、次作があるのを期待。
  • 神さまのいる書店 冬を越えて咲く花
    物語的に谷がなくて、なんか物足りない。アンハッピーエンドを望むわけじゃないけど、とんとん拍子に進み過ぎな感じがする。
  • 神さまのいる書店 まほろばの夏
    特殊すぎて書店て感じではないですが、ありそうでなかったお話。シリーズはまだまだ続くようですが、やりようによってはいくらでもお話が作れそうな設定ですよね。
  • たま高社交ダンス部へようこそ【電子特別版】
    すごーく面白かった。何事も三日坊主な男子高校生が、ふとしたきっかけから社交ダンス部に入部し、ダンスの楽しさに目覚めていく話。社交ダンスのことはよく知らなかったけれど、主人公と一緒に徐々にダンスの楽しさに魅入られていった。ストーリー展開が、食べ物に釣られて入部→試しにやってみてハマる→部統合の危機を救...続きを読む
  • 神さまのいる書店 想い巡りあう秋
    10年も思い続けたまほろ本の彼女との再会は情熱的な思いなのに爽やかな恋の感じでほっとする。ミヨの進路に悩むところもサクヤとの関係も何もかもが優しく爽やかなお話し。
  • 神さまのいる書店 まほろばの夏
    本をテーマにした恋物語です。今は電子書籍もあるけれど、紙の本も大切にしたいと思いました。
    ライトノベルに近い恋愛小説でした。
  • 後宮妖幻想奇譚 鳳凰の巫女は時を舞う
    始めは破天荒な設定だな(笑)と思いながら、読み進める。
    先代鳳凰の巫女、環雲の躾も虚しく小鈴は怠惰な巫女となる。嫌々ながらも時の巻き戻りを唯一共有できる皇太子天暘と事件の解決に奔走する。
    しかし、小鈴は貧民という貧しい出自だからこそ人の心の痛みがわかる娘であった。天暘がそれに気付けたのは良かった。そ...続きを読む