相田冬二のレビュー一覧

  • 時効警察はじめました(下)
    三木聡 小峯裕之 大九明子 田中眞一 相田冬二『時効警察はじめました(下)』角川文庫。

    12年振りに復活したテレビドラマのノベライズ小説、下巻。テレビドラマはつい先日完結してしまった。テレビドラマの方はお馴染みの霧山修一朗と三日月しずかに加え、彩雲真空、十文字疾風が良い味を出していた。復活シリーズ...続きを読む
  • 時効警察はじめました(上)
    三木聡 福田雄一 田中眞一 小峯裕之 相田冬二『時効警察はじめました(上)』角川文庫。

    12年振りに復活したテレビドラマのノベライズの上巻。恐らく脚本をベースにしたノベライズだと思うのだが、テレビで放映されたドラマをかなり忠実に描いている。相変わらず弛い雰囲気の中で霧山修一朗と三日月くんが良い味を...続きを読む
  • さよならくちびる

    この本に教えてもらったことがたくさんあります
    若い頃のいろんな自分の猪突猛進的なところや
    一喜一憂したり、極端な考え方に何度も悩んできたけど
    なるほどね、と思わせてくれるそんな言葉が満載でした!

    “自分ってやつを、自分がこれまでいかに高く見積もっていたのかに気づいてしまうのは、ずいぶんと恥ずかし...続きを読む
  • キサラギ
    映画のノベライズで、内容は殆ど同じ
    ただ、小説ならではの表現とか、一人称視点で描かれているので、映画を観た後でも楽しめるポイントはある

    自殺したとされるアイドルのファン5人が、一周忌にオフ会をする話し
    途中で、「本当に自殺だったのか?」というところからミステリ色が強くなってくる

    一室でただ話し合...続きを読む
  • キサラギ
    同名映画のノベルス版。
    おそらく映画に忠実。
    軽快なテンポで話は進むのに、どんどんおかしな方向へ進んでしまう。
    5人の個性的キャラにそれぞれ秘められた秘密が少しずつ明らかにされていくのが面白い。
    でも最後まで5人をつなぐ如月ミキは誰がやっているのかわからなかった。映画で確認したくなった。
  • さよならくちびる
    映画ではダンマリのハルの気持ちが描かれているので、話に入りこみやすかった。こちらを読んでから映画をみれば違ったな
  • キサラギ
    軽快なテンポで楽しく読めました。
    各登場人物の真の姿は、ある程度想像出来るとはいえ、匂わす伏線を事前に丁寧に入れてあって、なる程こう笑わせてくるのかと感心しました。

    こういう小さい世界観というか設定で進める物語もユニークで良いですね。
  • 陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者
    ドラマを観て面白かったのと、遠野一行の刑事時代に興味を持ったので、本書を手に取ってみた。とても読みやすい文章で
    ドラマには無かった遠野の妻・奈津美が何故、家を出たのか?の
    くだりも分かり良かった。
    ただ、ラストで遠野が容疑者の背景を1人、1人、語っていくのは、やや中だるみ気味で(容疑者の背景がわかる...続きを読む
  • キサラギ
    2011.08.08

    映画版とラストが違うということでずっと読んでみようと思っていた。
    しかしながら映画を観たのは何年も前、読み終わっても、はて?何がどう違うんだったっけ?それよりこのラストはどういう意味だっけ?と何がなんだかわからなかったが、ネットに助けてもらいました・・・!(なんて覚えの悪い私...続きを読む
  • キサラギ
    ストーリィは映画と同じだけど、こちらは「家元」の一人称なので、ちょっと印象が違う。
    でも、個人的にはやっぱり映画版の方が好きだな。
  • キサラギ
    映画が1室でひたすら話すという新しい感じでおもしろかったので読んでみました。アイドル如月ミキの一周忌に掲示板で連絡を取り合い集まったオタクファンの5人組。そこから如月ミキの死の真相について謎が解けていき、5人ともなんらかの形でミキの人生に関わり合っていた。ひとりではわからなかったことも5人で話してい...続きを読む
  • キサラギ
    大好きな映画だったので読んでみました☆映画がそのまま再生されているみたいで楽しかったし、最後のあとがきがちょっと感動的でよかったです♪映画と併せておススメ!
  • キサラギ
    キサラギのノベライズ。さらっとしてて結構良かった。映画とちょっと変えてあるオチも、薄ら寒くて良い感じ。
  • キサラギ
    B級どころかその数段下のアイドル”如月ミキ”。
    その彼女が謎の死を遂げてから1年後、彼女のことをこよなく愛する5人の男がネットを通じてオフ会を開く。
    最初はマニアなグッズを見せ合ったり、好きなところを言い合うというごく普通の会だった。
    それが急に”如月ミキはなぜ死んだのか”を検証していく場になってい...続きを読む
  • キサラギ
    映画を見逃したのでこちらを先に読みました。
    面白いです。
    さくさくと話が進みます。
    場面が変わらないのに、やりとりだけでストーリィが展開されていくんですが、退屈ではなかったです。

    登場人物を映画の俳優にあてはめて読みました。
  • キサラギ
    映画が面白くて、劇場で思わず本を買ったが....良かった。
    本当にすべてがピタッと合わさるこのような素晴らしい脚本
  • キサラギ
    元々は舞台だったのが映画に、この映画がとても気になって・・・こう言う話、好きなので〜つい、買ってしまったけど   えっ?映画とは違うエンディングなの〜?? やはり映画も見なくちゃなのか・・・
  • 陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者
    ドラマの再放送を見て、この本が出ていることを知って読んだ1冊。
    ドラマを見ていたからこそ、終わってしまって寂しいと思ったからこそ面白いと思えたけれど、いきなりこれを読んだら薄っぺらく感じてしまうと思う。

    でも、杉崎と共に安西を逮捕した時の話が読めるのかと思ったので少し拍子抜け。
    でも、ドラマ最終回...続きを読む
  • 緊急取調室
    特殊犯捜査の真壁有希子は、突如、緊急取調室に異動させられる。待っていたのは、自白したのに身元を明かさない男や供述を二転三転させる主婦など厄介な被疑者ばかり。自身の言葉だけを武器に、欲、涙、プライドで塗り固められた真実を彼女は見抜くことができるか?取調室という密室で繰り広げられる、刑事と被疑者の攻防を...続きを読む
  • 緊急取調室2
    一癖も二癖もある被疑者を次々とマル裸にしていく真壁ら緊急取調室のメンバー達。次なる相手は、死刑囚の元ジャーナリスト・真田。取り調べの後、彼は真壁の亡夫の死に関するある情報を囁く。ひとり捜査を始めた彼女が辿り着いた先には…。最愛の人を死へ追い詰めた被疑者への、人生を懸けた取り調べが今、始まる。