陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者

陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者

作者名 :
通常価格 556円 (506円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

開店初日のレストランで放火殺人事件が発生。「取り調べの鬼」と呼ばれる警視庁捜査一課の遠野一行が捜査にあたるが、国会議員、TVディレクター、看護師ら六名の生存者は、搬送先の病院から忽然と姿を消す。彼らは、本当にただの被害者なのだろうか? そして彼らの意外な接点とは? 佐藤浩市、三浦春馬出演で人気を博したドラマ「陽はまた昇る」の原点となる本格推理ミステリー。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年02月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年09月27日

    ドラマを観て面白かったのと、遠野一行の刑事時代に興味を持ったので、本書を手に取ってみた。とても読みやすい文章で
    ドラマには無かった遠野の妻・奈津美が何故、家を出たのか?の
    くだりも分かり良かった。
    ただ、ラストで遠野が容疑者の背景を1人、1人、語っていくのは、やや中だるみ気味で(容疑者の背景がわかる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    ドラマの再放送を見て、この本が出ていることを知って読んだ1冊。
    ドラマを見ていたからこそ、終わってしまって寂しいと思ったからこそ面白いと思えたけれど、いきなりこれを読んだら薄っぺらく感じてしまうと思う。

    でも、杉崎と共に安西を逮捕した時の話が読めるのかと思ったので少し拍子抜け。
    でも、ドラマ最終回...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月03日

    イタリアンがオープン初日に燃えて死人が出たけど生き延びた人等に共通点がなくてダメ人間だけど優秀な刑事が怪しむ話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    遠野さんはなー、どうして奥さんのことをもっとちゃんと見てあげて素直になれなかったのかなぁ。ドラマの結末は結構悲しかったよ。もう少しだけ素直であれば、違ってたかもしれないと思うから。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています