「古沢良太」おすすめ作品一覧

  • 作者名:古沢良太(コサワリョウタ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年08月06日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:脚本家

東海大学文学部日本文学科卒。2002年、『アシ!』で第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞しデビュー。代表作に『ALWAYS 三丁目の夕日』、『キサラギ』、『ゴンゾウ 伝説の刑事』、『相棒』 シリーズ、『鈴木先生』、『リーガル・ハイ』など。小説版『キサラギ』は原作・脚本・表紙イラストを担当している。

作品一覧

2017/02/13更新

ユーザーレビュー

  • 小説版 スキャナー 記憶のカケラをよむ男

    物に宿る残留思念を読み取る仙谷と、やたら弁の立つ丸山。
    2人のお笑い芸人の前に持ち込まれたのは、音楽教師の失踪事件。
    果たして、2人は難事件を解決できるのか。
    二転三転する物語の展開は、思いもよらない結末を迎える。
    「才能は、自分のためではなく、人のためにある。それが特別な力を授かった者の使命。」
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 小説版 スキャナー 記憶のカケラをよむ男

    映画が見たくて、とりあえず小説を購入。
    よくある設定だけれど、こういう超常現象的な設定はいつでも大好物。
    そして主人公の仙石がもう萬斎さんでしか再生されなくなってしまった笑
    丸山は宮迫さん。

    あえていうなら作者が監督かつ初小説執筆ということで、まだ荒いというか、薄いという部分はあるのだけど、映画の...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 相棒

    そうさねえ

    設定にかなり無理があるけどこの辺りのドラマは見ていないので面白かった。

    強いてケチをつけるなら「蜘蛛女の恋」の密室のトリックは実際にやってみたほうがいいなあ。右京さんの言うようにはうまくいかない。「消える弾丸」も腕利きの鑑識である米沢さんがその被害者のDNA以外のDNAを砕けた骨細胞から見逃す...続きを読む

    宮子

特集