壁井ユカコ(GoRA)のレビュー一覧

  • K SIDE:RED
    Kの小説二作目。
    十束さんがまだ生きていたときのお話。アンナが赤の王のクランズマンとなった経緯。
    読み進めていってアンナのことがとても好きになる。それ以外にも、まだ猿比古が吠舞羅にいるころのことも知れた。
    作品の中で一番感情移入ができたような気がする。個人的な意見だけど、吠舞羅がとても好きになってし...続きを読む
  • K -Lost Small World-
    Kのおもしろいところはどのキャラを好きになっても物語が深く深く広がっていくところだな、と思います。泥沼ともいうけど。

    八田と伏見が青春しててかわいらしかったです。まだ大人じゃない彼らの世界。大人なんかいらない世界。
    アニメでもまだ二人は大人とはいえないけれどそれよりも幼い。

    伏見の親戚、大貝ちゃ...続きを読む
  • K SIDE:BLACK&WHITE
    クロ、ネコ、シロ(ヴァイスマン)の過去のお話。
    この小説を読むことで、三人のことを好きになったのでよかった。

    ただ、アニメで語られてない部分が多すぎるのではないかなぁ…と思ってしまう。よりキャラクターに感情移入するためにも、小説ではなくてアニメで過去を説明する必要があるのではないでしょうか。

    ...続きを読む
  • K SIDE:RED
    アンナがホムラに入る時の話。
    尊がかっこいい。とてもかっこいい。
    遊園地のエピソードはさながら日曜日のお父さん。
    まだ20代なのにっ。
    尊が赤の王になったときの話も入ってる。

    伏見のホムラ時代エピソードもすごく萌える。
    十束さんはホムラにとって大事な存在だったと感じられる
    作品だった。
  • K SIDE:RED
    やっぱり赤好きだなあと思う。いろいろな事情が分かってとても嬉しかった。主に十束の諸々は素敵だと思う。それにしても随分脱いでるのが気になった。
  • K SIDE:RED
    面白かった!
    吠舞羅が好きな方には是非読んでいただきたい作品です。

    尊とアンナの出会い、内情について重きを置いてはいるものの、吠舞羅のメインキャラはちゃんと見せ場もありますし、草薙や十束は特によく出てきます。章の間に挟まれるインターバルでは、尊、草薙、十束の三人しかいなかった頃の出来事などが描かれ...続きを読む
  • K SIDE:BLUE
    アニメのストーリーから少し前の青の王とセプター4の面々の話
    アニメじゃピンとこなかった設定が少し理解出来た、ほのぼのから一気にシリアス…宗像さんのいきなりの出現率が凄かった。
  • K SIDE:BLACK&WHITE

    3人の過去

    3人の過去について詳しく書かれています。読み終わってますますK が好きになりました。購入して良かったです。
  • K R:B
    青の王宗像礼司がどんな経緯で王になったか、という話。それと徐々にクランを拡大していく吠舞羅が抱えた問題も。赤と青のクランは水と油の関係なのに、室長と尊さんはどこかで通じ合っているところがやっぱりいい。
  • K SIDE:BLUE
    Kの小説一作目。
    宗像さんが青の王になってすぐのことで、過去のセプター4のことが色々知れた感じ。でも読んでて青の王になる前の宗像さんが余計に気になったのは確か。
  • K -Lost Small World-
    アニメイト限定版購入。

    伏見猿比古が赤のクラン・吠舞羅を抜けて青のクラン・セプター4へ入った経緯が描かれている。
    ずっと気になっていたのでかなり嬉しい内容です。
    伏見パパが想像以上にイケメンで下種だった。
    小説「SIDE:RED」に登場した双子の湊速人と秋人が再登場。
    双子でずっと一緒に居たのに最...続きを読む
  • K SIDE:RED
    アニメでは明かされなかった事実やホムラのみんなの心情が事細やかに描かれていた。これを読んでさらにホムラが好きになった!
  • K SIDE:BLACK&WHITE
    とりあえず、友人に一言。
    「まだアニメ観てないのにネタバレなんですけど!?」
    アニメをどのような心で見ればいいのか、わたしには分からない……。
  • K SIDE:BLUE
    セプター4のメンバーは室長と副長と伏見しか覚えていなかった。
    だから今回の主人公である楠原剛について、アニメで抜刀している人たちの中にいたんだろうなと思っていた。
    セプター4の癒し、わんこな楠原くん可愛くて大好きです。
    ほかのメンバーも大好きです。
  • K SIDE:RED
    アニメKが好きだった人には間違いない。ストーリーの内容だとか展開だとかは、比較的に珍しいものではなく、けれどもそれ故の安定感がある。
    読み手が期待するキャラクターが保たれているので、外伝・サイドストーリーとして良作ですね。
  • K SIDE:RED
    アンナが吠舞羅に入るお話を中心に、赤のクラン内の様子が詳しく書かれています。アニメやコミカライズ版よりもずっと深く描写されているのも、小説ならではといったところでしょうか。アンナが抱えていたものや、十束の役回り、周防の葛藤など、アニメでらあまり説明されなかったものも出てきていて、これを読むとまたアニ...続きを読む
  • K SIDE:RED
    アニメと一緒にみるとKの世界観、キャラクターの心情や出会いがよりわかるかと思います。
    アニメみてる方は小説版も読む事をおすすめします。
  • K SIDE:RED
    改めてアニメを思い返すと、どうして十束が死ななきゃいけなかったんだろうと思う。アンナにとって尊の存在の重要さと、吠舞羅において、想像以上に十束が大事な存在だったことがわかった一冊でもあった。そしてこのお話を読むと吠舞羅メンバーがますます好きになります。ムードメーカー十束はもちろん草薙はいいおかん(笑...続きを読む
  • K SIDE:RED
    講談社BOXの本って初めて買ったけど、読みにくい形態の本じゃのぅ!(最初の感想がそれなのか)
    赤のクランの過去話。アンナが可愛かったです。八田ちゃんもね。ってか、八咫烏って自分で付けたんかい……ぷっ。可愛い。
    やっぱり、来楽さんが書く女の子は可愛いなーと。赤サイドは来楽さんだったのでホクホクw(なの...続きを読む
  • K SIDE:RED
    吠舞羅のメンバーにアンナが加わる話

    アンナのエプロンドレスが可愛い!
    アンナ初登場の頃から多々良の死亡フラグがたっていたとは…

    本を見るとアニメのわからない所が燃焼出来ないって面倒