角谷信太郎のレビュー一覧

  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    アジャイル開発に興味があるなら一度読んでみると良いと思う。マネージャーや現役のエンジニアだけではなく、これから開発をやっていくような人にもオススメしたい。
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
    ページ数は少なめでさらっと読めるけど、中身はかなり重厚でとても参考になった。
    大規模プロジェクトでの実践的なカンバン運用について書かれている。1章ごとに役に立つ内容も多いので、目次を見て気になる章を見てみるのも良いかも。
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    アジャイルの入門書。アジャイルとはなんぞや?から始まり、計画やプロジェクトの運営方法、プログラム、テストまでの流れが記載されている。あくまでも考え方がのっているものなので、そのままプロジェクトに適用できるかと言ったら怪しいかもしれない。ただこの本は所々に挿絵があったり、文章が口語体になっていたりして...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    読みやすく,アジャイル開発に関して網羅的に書かれているので,初学者に薦められる.また,インセプションデッキや様々なポイントについても書かれているため,アジャイル開発に慣れた人も一度読んでみると良いと思う.
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
    カンバンを用いた実際の開発の話を、なぜそうしているのか等が書かれており学ぶ点が多い。カンバンだけでなく、アジャイルな開発に対しても示唆に富む本となっている。事例から学べる人に是非オススメしたい。
  • アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣
    光栄なことに翻訳の査読をやらせていただいたので、本書に関しては発売前に一通り読むことができた。しかし、献本していただいたものを改めて通読してみた。一言で言えば、グッジョブすぐる。

    そして、本書を読み始めてすぐ、「コレハ!」と思ったところに付箋を付けていく、という方法は早々に破綻しそう(付箋がいっぱ...続きを読む
  • アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣
    ソフト開発プロセスは、ヘビー級なもとのライト級なものに二分される。大抵のまともなプログラマーはヘビー級を嫌う。なぜなら、ヘビー級は、「ユーザに提供されるもの意外を沢山つくることを強制する」、「硬直的で、官僚的」、「チームの社会的側面を軽視する」、「聞いたこともないようないろいろな職種を定義する」など...続きを読む
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
    スウェーデン警察のプロジェクトという実在のプロジェクトで、どのようにカンバン・リーン原則を適用したか、これに対して何を学びどのように解決しようとしたか、が書かれた本。
    リーンやアジャイルの原則に則り、自分たちでいろいろ試してプロジェクトに合う方法を見つけていった過程は非常に刺激になる。
    本に書かれて...続きを読む
  • アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣
    ソフトウェア開発をアジャイルに行うための習慣が45書かれている。 今まさにアジャイルにプロジェクトを進めている自分にとって、実に納得の内容だったり、頭ではわかっていても全然できていないことがあったりで、もやもやしていたところがある程度スッキリできてとてもよかった。 各プラクティスの冒頭には「悪魔の...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    マスターセンセイと学ぶアジャイルソフトウェア開発の本。 アジャイルなソフトウェア開発とは何か?という方法論だけでなく、マスターセンセイがちょくちょく何故それをやるのか?何のためにやるのか?と問い掛けてくるので、後から読み返してもとても参考になると思う。 まずはこれを読め、と言われているだけあって入門...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    仕事とすごくリンクしていて、いろいろと考えさせられるものがあった
    JIRAの意味がわかっていなかった部分とか、背景にある思想を知ることができたのも良かった
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    webディレクター、プロジェクトマネージャーは必読!
    わかりやすくすぐ実践できるものばかり。何度でも読みたい。
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    アジャイル開発を始める際にぜひメンバー全員に配って、読み切ってほしいです。
    語り口調がとてもユニークで面白いので、すらすら読めると思います。
    チームメンバーが同じ方向を向いて開発を進めなければならない、
    意識づけのところから書かれているので、マネージャーの方はとくに熟読してほしいです。
    私も実際にチ...続きを読む
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
    翻訳がいいのかとても読みやすい。実際に導入した場面がイメージでき、身近なことと感じながら読むことができた。
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
     非常に実践的な内容で学ぶべきところが多かった。アジャイルの難しい所は、どう実践すればよいかが分からない、これに尽きると思う。ここでは実際のプロジェクトでどのように問題を解決してきたかの一端を見ることができる。プロジェクトの規模、内容が違うのでこのまま使えるわけではないが大いに参考になると思う。そし...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    3年前に一度読み始めたものの、当時は自分一人で開発しているような状態だったので「あまり自分には関係ないな…」という感想だった。

    時間が経ち、本格的にチーム開発をするようになり、今年に入って特に開発体制において様々な問題点や課題が見えてきたため、改善策を求めて本書を再読。

    すると、本書に書かれてい...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    言わずと知れた名著。
    アジャイル開発の考え方・進め方について実に丁寧に説明してある。
    著者の経験に基づいて書かれているため、説得力があり実践的な内容になっている。
    アジャイルをうまくやることで開発途中の仕様変更に対応できるなど、開発者だけではなく顧客にもメリットがある。しかし、その道は決して簡単では...続きを読む
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    アジャイル開発の指南書。
    先に入門書など読んだ上で読むことを勧める。

    内容はかなり広い範囲にわたるが、開発の最初から最後までを具体的にリンクさせているので非常にイメージしやすい。

    相当な良書。オススメ。
  • アジャイルサムライ――達人開発者への道
    めっちゃ読みやすかったし分かりやすかった。アジャイル系の専門書数冊の内容がギュッと詰まっているよとお勧めされたので入門に読んでみた。
    タイムボックスとかカンバンとか、周りで飛び交っている言葉の意味がわかったし、「もっとソフトウェアをうまく作りたい」「顧客のためにいいものを作りたい」という信念がベース...続きを読む
  • Rubyのしくみ Ruby Under a Microscope
    言語の実装についてここまで細かく記載された書籍を読んだことがなかった。

    構文解析に始まり、YARVって具体的に何なのよというところやRubyのしなやかな構文がどのように内部的に制御されているのかが実に丁寧に解説されている。

    一度では理解しきれないが、一度読むと確実にスキルアップに繋がるのでオスス...続きを読む