氷の公爵は黒百合の毒婦を愛して離さない

氷の公爵は黒百合の毒婦を愛して離さない

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

黒百合の毒婦──手段を選ばず、瞬く間に公爵夫人にまでのぼりつめたリネットを貴族たちはそう呼んだ。とある事情から、爵位と後見人を次々と乗り換えて成り上がったリネットは、ついに若き公爵・ギゼイルの妻となる。その婚姻は彼を罠に嵌めた結果のものだったが、リネットの思惑を知ってもなお誠実に、優しく接してくれるギゼイルにリネットは惹かれていく。しかし一方で彼を利用している罪悪感も膨れ上がっていった。そして、目的を果たしたのちギゼイルのもとを離れようと決意した夜。「悪いが、逃がすつもりはない」ギゼイルはリネットを熱く求め、二人はようやく結ばれた──かのように思えたのだが、未だ互いに秘密を抱えていて……?

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
夢中文庫
掲載誌・レーベル
夢中文庫プランセ
電子版発売日
2020年09月15日
サイズ(目安)
2MB

氷の公爵は黒百合の毒婦を愛して離さない のユーザーレビュー

    購入済み

    長いです

    ma 2020年10月04日

    話の内容は面白いと思うのですが、展開が全体的に間延びしていて途中で何度も飽きたなと感じました。
    この方の作品は初めて拝読しましたが、読点の使い方が気になって仕方がありません。編集の方は何も言わないのでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    幸せに

    (匿名) 2020年10月17日

    ヒロインもヒーローもお互いに複雑な生い立ちで生まれています。特に母親が、男によって翻弄され、自身を産んだことにより不幸になったのではないかと苦悩しています。そんな2人だからこそ、思いが通いあった後は、愛の溢れた家族になっていったのだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    溺愛系かな?

    ぷりんまんじゅう 2020年09月26日

    不遇な主人公女性が自分の行動力でお話を進めるストーリーです。悪役は器のちっさいおっさんか色ボケジジィなので心置きなくこてんぱんにされてスッキリです。所々、詳細なくさらっと流れるところもあるのでそうゆう所は、雑に感じるかも。
    貴族社会の女性の立ち位置や扱われ方にいらっとしますね

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています