コロナ後の世界

コロナ後の世界

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新型コロナウイルスが国境を越えて感染を拡大させる中、現代最高峰の知性6人に緊急インタビューを行い、世界と日本の行く末について問うた。

このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか?
これから我々はどんな未来に立ち向かうのか?
世界史的・文明論的な観点から、冷静かつ大胆に2020年代を予測する。

[主な内容]
・ジャレド・ダイアモンド「21世紀は中国の時代にはならない」
(カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授。著書『銃・病原菌・鉄』)

・マックス・テグマーク「AIで人類はもっとレジリエントになれる」
(マサチューセッツ工科大学教授。著書『LIFE3.0 人工知能時代に人間であるということ』)

・リンダ・グラットン「ロックダウンが日本人の新しい働き方を生んだ」
(ロンドン・ビジネススクール教授。著書『ライフシフト 100年時代の人生戦略』)

・スティーブン・ピンカー「人間の認知バイアスが感染症対策を遅らせてしまった」
(ハーバード大学心理学教授。著書『21世紀の啓蒙 理性、科学、ヒューマニズム、進歩』)

・スコット・ギャロウェイ「パンデミックでGAFAはますます強大になっていく」
(ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。著書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』)

・ポール・クルーグマン「経済は人工的な昏睡状態。景気回復はスウッシュ型になる」
(ノーベル経済学賞受賞者。著書『格差はつくられた 保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2020年07月20日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

コロナ後の世界 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    それぞれの得意分野の視点から現状の分析とこれからが理路整然と分かりやすく述べられる。どの商も興味深い内容ばかり。特に第1章のダイヤモンド氏のパートは感動さえ覚えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    それぞれの人が得意分野を語っているので大変わかりやすい著書だった
    株価が上がっている理由は富裕層トップ10%の経済的繁栄を反映しているかである

    テック企業の幹部は自分の子供たちにiPadを使わせませんでした
    AIとAGI
    AIは必ず制御できる
    制御できないのは核兵器

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    この本を一言で言えば、
    「コロナを考慮した最新の未来予想図」

    未来のことなので当然、自論にはなってくるが、これだけの錚々たる面々の各分野における未来に関しての意見を1000円以内で読むことができるというのは素晴らしいと思った。

    既知の内容も新しく知ることもあったため刺激的であり、自分の未来観に良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    それぞれ一家言ある方々の充実のラインナップ。一応コロナ本なんだけど、コロナを真正面から扱うと思うと肩透かしに合う。あくまでも自分の自論が語られた本。特にクルーグマン。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    「世界の知性6人に緊急インタビュー」このパンデミックで人類の未来はどう変わるのか? 帯より。
     どの章も興味深く読みました。
    今本当に歴史の節目を生きているんだなーと考えさせられます。自分の人生をあらゆる側面から捉え直すいい機会が訪れているんですね。
    人生の間引き作業です。あれもこれもと、たくさん持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    ジャレド・ダイアモンドさんの意見には希望が持てる。人口減、少子高齢化などの問題を抱える日本が今後行うべき事を的確にに指摘している。歴史に学ぶ事の重要性は未来をどう生きるかに参考となる事例がたくさんある。
    Jared Diamond's opinion is encouraging.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    海外のコロナ対策にあまり目を向けれていなかったので、各国の対策について国内の人間はどう感じているのかやモデルとなるような対策など様々なことが知れてよかった。
    コロナ後のことにも目を向けるきっかけになり、特に日本の少子高齢化それにともなう労働力の枯渇については多様な意見がありこのような考え方もあるのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    <目次>
    はじめに
    第1章独裁国家はパンデミックに強いのか
    第2章AIで人類はレジリエントになれる
    第3章ロックダウンで生まれた新しい働き方
    第4章認知バイアスが感染症対策を遅らせた
    第5章新型コロナで強力になったGAFA
    第6章景気回はスウオシュ型になる
    あとがき

    P147FBとグーグルの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    「ライフシフト」や「銃・病原菌・鉄」など世界的ベストセラーとなった本の著書たちが、コロナをどう捉えているのかを理解することができた。

    コロナはネガティブな要素もあるけれど、必ずしもそれだけではなく、全員が口を揃えていたのが、「深く考えるきっかけになった」と。

    たしかに、世の中ずっと安定しているわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

    コロナ禍の今、自分にできること、すべきこと。
    第一歩は、考えること。ふかく考えること。

    この書籍で面白いと思ったところは、世界に名だたる知識人6人の中でも、日本の経済に対する評価やその捉え方に差異があることだ。もちろん、立場もまるっきり違う人達だから、当然といえば当然だけれども、何より大切なのは自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています