魔物を抱く女―生活安全課刑事・法然隆三―(新潮文庫)

魔物を抱く女―生活安全課刑事・法然隆三―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 781円 (710円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

都内大手企業の女性課長が金沢で絞殺された。所持品は泉鏡花記念館のパンフレットだった。東京の高級デリヘル嬢連続殺害事件の被害者も、有名企業のOLたち。犯人には、殺害現場に居座るという特徴があった。捜査本部は女性警官をデリヘル嬢に扮装させ、囮捜査を決行する。吉原で交錯する点と線。ベテラン刑事の執念の捜査が突き止めた底なしの闇。傑作警察小説。『イン・ザ・ダーク』改題。(解説・細谷正充)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年07月03日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
1MB

魔物を抱く女―生活安全課刑事・法然隆三―(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    前川裕『魔物を抱く女 生活安全課刑事・法然隆三』新潮文庫。

    東電OL殺人事件と新宿歌舞伎町ラブホテル殺人事件をベースに創作を加えたような、なかなか面白い警察小説。『イン・ザ・ダーク』の改題作。

    主人公は地道な捜査と類い稀なる推理力を持つ生活安全課の刑事・法然隆三。果たして、この難事件の犯人は……...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています