第五の季節

第五の季節

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

数百年ごとに〈第五の季節〉と呼ばれる天変地異が勃発し、そのつど文明を滅ぼす歴史がくりかえされてきた超大陸スティルネス。この世界には、地殻を操り災害を抑えこむ特別な能力を持つがゆえに激しく差別され、苛酷な人生を運命づけられた“オロジェン”と呼ばれる人々がいた。そしてまた、“石喰い”と呼ばれる人間の姿をした謎の存在も。いま、未曾有の〈季節〉が到来しようとする中、息子を殺し娘を連れ去った夫を追うオロジェン・エッスンの旅がはじまる。前人未踏、3年連続で三部作すべてがヒューゴー賞長編部門受賞の破滅SF開幕編!/解説=渡邊利道

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元SF文庫
ページ数
618ページ
電子版発売日
2020年06月12日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

第五の季節 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    「ほかの誰もが無条件で受けている敬意を、戦いとらねばならない人々に」


    「肉体は衰えていく、指導者として長らえるものはそれ以上のものを糧とする」


    「生きのびたから正しいとはかぎらないんだ」


    「どの文明もなにかつけ加える。そしてその時代の人間に関係ない部分は忘れられていく」


    「冬、春、夏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    すごいすごいすごい!!
    三パターンの視点がひとつに集約していく感じとか興奮してしまった。
    続きがはやく読みたい!!
    来年までいきる目的ができました~☺️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    エッスンの話、サイアナイトの話、ダマヤの話、三人の話かと思いつつ読む。あれ?世界の様相が違うかも、雰囲気に齟齬があるかも。三人が二人になり、一人になる。ああ、そういうこと。周りにいる人たちの性格も雲をつかむような感じ。こんなひとなのか?あんな人なのか?茫洋とした世界はいつか安定して感じられる世界に確...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    女性作家によるエキゾチック系(解説では「文化人類学的SFファンタジー」)のワン・オブ・ゼム、だけど、確かに抜きんでて出来は良い。

    ラストの台詞は、ここでそれを言っちゃうんだ、と、逆に意表を突かれた。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月19日

    はるか未来の地球。不動[スティルネス]と呼ばれる巨大大陸は、数百年ごとにやってくる天変地異〈第五の季節〉と地震の脅威に晒されていた。人びとは〈用役カースト〉という世襲制の役割分担を作って〈季節〉に備えていたが、〈オロジェン〉、あるいは差別的に〈ロガ〉と呼ばれる者たちだけはカーストからもはじき出されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています