アンガーマネジメント

アンガーマネジメント

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

●価値観はより多様に。「怒る」で解決できることは何もない。

怒ることが、子どもや後輩社員の教育や士気高揚につながり、個人の成長を促してきたという考えは、もう古いものになった。怒られることになれていない子どもも増え、怒る人は職場の雰囲気を悪くし、むしろ感情を抑えられない人としてとらえられる向きもある。
パワハラ防止法が2020年6月から施行され、さらに「アンガーマネジメント」へのニーズは高まるだろう。「怒る」という感情は、「自分の考え(≒常識)と違う」ということが起点となっているが、ダイバーシティが求められる昨今、誰もが常識だと思うことがそもそもなくなってきている。

●怒りを抑えるトレーニングを盛り込む。怒りに巻き込まれない手法も。

怒りの感情は、自分で生み出しているということをまずは認識する。相手が起点という発想をやめることが大切だ。また、「コアビリーフ」、つまり、自分でこうあるべきだという思い込みが怒りの感情を生むので、その書き換えが必要だ。また、日常の怒りの場面を記録し、ふりかえることで、自分の感情にしっかり向き合うことも効果があるという。
また、本書では、「怒りに巻き込まれない」手法を書いていることも特徴の一つ。怒っている人をみると、自分がその当事者でなくても、嫌な感情が巻き起こって物事に集中できなくなることがある。それを回避するためには、相手の感情を自分で変えることはできないので、あくまで外野のできごとだと割り切ることが必要で、その練習法も盛り込む。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日経文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2020年04月03日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

アンガーマネジメント のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年05月31日

    とてもためになった。

    特に

    自分を見つめなおす(自分の思考を見つめる)という点では以下の3つが良いと思った。

    ・怒りは第二次感情
    ・「ベキ」に正解や不正解はない
    ・コントロールできる事かできない事かを見極め
     る。

    どうしても怒ってしまうときもある。
    それでも怒りに任せて失敗しないために、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月12日

    筆者が過去に受けた相談内容とその回答が非常に参考になった。
    自分の価値観が正しいのかどうかを絶えず見直していきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    価値観の多様化で常識が無い時代に突入している。
    リーダーは全員共通のビジョンを指し示す役割を担っている。

    怒りは自分が生み出した感情であることに気づく。
    ストレスは発展的に解消する。その為の手段を自分の中で持っておく。
    怒りを建設的に使う。怒りは他の感情より、エネルギーが強いので、行動に起こすこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    「はじめに」の「決して怒ってはいけないということではなく、怒りで後悔しないことを目指しています。という一言が目からうろこ、みたいな感じになりました。
    怒るのも、自分の感情をぶつけるのではなく、組織の中で対象の人に今後どうしてほしいのかなど、考えていくことが大事なんだなと思いました。
    同時に、自分はな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    パワハラにならない叱り方を詳しく丁寧に説明してある。相手のこと思って叱るのだが、なかなか上手には叱れない。叱るのではなく、理由を付けてお願い(リクエスト)することだと感じた。また、できる限り、怒りを生まないように気にしないで生きていくことも大事であると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月07日

    イライラすることがあるのでこの本を読んだ。感覚的に知っていたこともあれば、全く知らなかったことも書いてあって面白かった。6秒我慢すること、怒りが第二次感情であること、ストレスログを使って整理してみることは知らなかったし日常生活にも役に立ちそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月24日

    感情的になってしまうことが多いのですが、得する事がないことはわかっていても、繰り返してしまう自分を変えたくてこの本をとりました。

    私は完璧主義者です。その思考を他人に求めてしまっていることは自覚しています。本書にも出てきますが「〜べき」という思いが強いのは自覚あり。
    多様性の時代に自分の思考を相手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月07日

    この本を読んで、いちばんの学びは、スルー力を身につけよう!ということ
    読んで考え方変わったかも。起こりそうになった時に、自分がありたい姿ってどんなんだろうって冷静に考える努力ができるようになったと思う
    怒りに一度捉われるとなかなか離れられないから、気をつけなきゃ。イラつくだけ損

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    「アンガーマネジメント」という言葉自体は随分と前から聞き馴染みのある言葉であり、ざっくりとならこんな内容と話すことができると思っていた。
    今回、アンガーマネジメントに関する本を読む中で、「怒り」という凄まじいエネルギーを持つ感情とどのように付き合っていくのかを改めて考えることができた。
    仕事柄、日々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月07日

    中田大学でも取り上げられていた、怒りのコントロール本。
    ・怒りだけで説明するのではなく、その裏の不安感等(第一感情)も素直に話す。
    ・ブレイクパターンを心がける
    ・口角上げてリラックス。まず表情ありき

    早速社内で試してみたが、第2感情のみで叱らずに、第1感情も説明すると、スッと話ができる気がした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日経文庫 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング