駐在日記

駐在日記

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人気シリーズ「東京バンドワゴン」の著者が贈る、どこか懐かしい警察連作短編。

山懐に抱かれた平和な田舎町で巻き起こるのは……

昭和五十年、春。神奈川県皆柄下郡の雉子宮駐在所に蓑島周平と花の新婚夫婦が赴任してきた。女性連れで現れた指名手配の強盗犯、嵐の夜に盗まれた秘仏、急増する蛇と化け物の噂……時折起こるワケあり事件の解決のカギは、入念な捜査と少しのお節介!? 元刑事のミノさんと元外科医の花さんのタッグで綴る、ハートフル連作短編がついに文庫化!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年03月19日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

駐在日記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    心暖まるほんわかミステリー!

    舞台は昭和の田舎の駐在所を中心に話は進みます。

    各章完結の連作短編となっており、駐在所に勤務する箕島周平とその妻の花さんの物語

    神主の親子や近所の小学生達、訳有りの若者夫婦達など古き良き昭和を思い起こしてくれます。


    平成と令和に疲れた方へのお勧めの一冊になりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    完全に法律を守るって訳じゃあ無くて状況や感情に配慮して判断しているのはそれなりに納得できる。
    現実はそういうわけにはいかないだろうけど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています