探偵ザンティピーの惻隠
  • 値引き

探偵ザンティピーの惻隠

作者名 :
値引き価格 334円 (304円+税) 3月4日まで
通常価格 556円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大学職員のエヴァの依頼は、祖父から託された古い写真の持ち主探し。その裏に書かれた数字で買った宝くじで大当たりをした彼女は、賞金で日本へ渡り、持ち主に写真を返したいという。祖父の遺した「ゴシック温泉」という言葉から、ザンティピーは持ち主の割り出しに成功。だが、写真からは驚愕の事実が浮かび上がる。大人気シリーズ第三弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年01月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

探偵ザンティピーの惻隠 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月10日

    探偵ザンティピーの3作目。
    まだ読んでいないですが、1、2作目同様に期待しています。
    それにしても、小路さんはいい。
    東京バンドワゴン以来、すっかりはまっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月19日

    謎解きの要素というより、温泉宿での滞在やのんびりした人間関係などのほうに目がいってしまった。
    自分が温泉宿でのんびりしたいからかもしれないが(笑)
    のんびりゆったりムードの中にある、シリアスな真相の落差に悲しみがあったような気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月26日

    前2作は正直そこまで面白いと思わなかったが、
    これは面白かった。
    過去のネタバレも気になるほどはなかったし。
    続編があったら読みたい位。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月29日

    シリーズ3作目
    そして、北海道。
    読者がニューヨークでザンテさんが、
    仕事をするところを読むことは
    決してない、のだろうなぁ。
    そして、舞台が東京の下町になることは
    決してない、のだろうなぁ。

    結構、内容は驚愕だったのに、
    優しい感じが漂う、実に小路さんらしい、シリーズ。
    また、是非。。今度は道東...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    またも、ザンテが日本にやってくると、悲しい過去が事件に
    つながってしまう。
    悪い人はいないのにね。
    でも、ザンテの温かいやり方には心からほっとする。
    シモーヌやアーノルドとの関係の今後も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月26日

    ザンテさん・・・また、骨ですかw しかし、温泉好きですねー。どんだけ~!?っていうくらい好きそうww 早くも続きが読みたい♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月19日

    日本語が達者なザンティピーはマンハッタンの私立探偵。
    前2作ではどちらも依頼により日本に出かけて事件に巻き込まれた。
    そして、今回も仕事で北海道へ向かうことに。

    依頼内容は、亡くなった祖父が大事に持っていた、ある日本兵の写真を
    本人に届けに行きたいので、同行してその人を捜索して欲しいというもの。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月25日

    北海道に再びやってきた?でも、実は、この作品3作目だったそうなのですが、初めてよみました。なかなかあっさりよめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月28日

    どうやらシリーズ3作目だったらしいが、この巻から読んでしまった。
    が、最初に簡潔な設定の説明があるので問題なかった。

    ニューヨークの探偵が、古い写真の持ち主探しを依頼されて日本に来る。
    日本の温泉地で持ち主を見つけ、写真を渡したが、それだけで話は終わらなかった。

    ライトノベル系であっさり読めるが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月20日

    シリーズとしての要素は充分あるものの、逆にそれがワンパターンと感じるかも。外国人から見た日本文化の評価や、ザンテが話す日本語の妙も、作者が日本人と分かっているだけに陳腐化してきたかな。
    文章が読み易く、それなりに面白いので悪くはないんですけどね。
    今回はかなり初期に謎の真相が想像できるだけに、余計に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

探偵ザンティピーの惻隠 に関連する特集・キャンペーン