探偵ザンティピーの仏心

探偵ザンティピーの仏心

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

NYに住むザンティピーは数ヵ国語を操る名探偵。ボストンにあるスパの社長・エドから依頼が入る。娘のパットが、北海道の定山渓で日本の温泉経営を学ぶ間、ボディガードを頼みたいという。ザンティピーは依頼を受けるが、定山渓に向かう途中、何者かに襲われ気を失ってしまう……。謎と爽快感が疾走する痛快ミステリ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年01月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

探偵ザンティピーの仏心 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月03日

    好きだなぁ。こういうの。
    主人公ザンテさん(笑)が好きな「寅さん」のように、
    安心できるパターンがある。
    いわゆる、水戸黄門みたいな?
    ザンテの言葉遣いは勘一みたいだし(笑)
    今、3作目を読んでいるけど、続きが楽しみでならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月27日

    ザンテはいい奴だなぁ
    外国人らしくないや

    ゆっきーは北海道が好きなんだなぁ
    どの作品も舞台はほぼ北海道だ
    僕は寒いのが嫌いで北海道を毛嫌いしてるけど
    北海道の自然はいいものかもしれない
    夏の北海道なら行ってみたいな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月27日

    再びの日本、再びの北海道。
    今回は定山渓。

    親日家の外国人に会うと
    なんか嬉しい。そんな感じ。

    一瞬、ザンテさん、大丈夫??となったけれど
    全体的には、やっぱり優しい人々がたくさん。
    歴史の中にはいろんなことがあるのだなぁ、
    それはそれは人それぞれに。
    また、小学生も登場して、なんか嬉しい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    ニューヨークで探偵事務所を営むザンティピーが、
    日本に来て、そこで起こった事件を解決する
    シリーズ第二弾。

    シリーズになって嬉しい。
    前回の話よりも、ザンティピーはもちろん、
    登場人物達の個性が更に強くなってきて
    面白かった。

    温泉を舞台に繰り広げられる推理劇。
    ニューヨークの寅さんの更なる活躍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月12日

    アメリカ人の私立探偵といっても、マーロウやスペンサーのようなハードボイルドではなく、人情派のライトミステリーです。
    ザンティビーのキャラクターがこなれてきて、1作目より面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月20日

    幻冬舎文庫から出版されたオリジナルです
    新書派の私ですが、文庫のみの発売ということであれば止むをえません(笑)
    フーテンの寅さん、をこよなく愛するニューヨーカーのザンティビーという設定も面白いですね
    既に「探偵ザンティピーの休暇」が発売されていますからシリーズ化されるのかもしれませんね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月23日

    不思議と爽快感の残る小説でした。

    主人公のキャラクター性によるものかと思います。

    難しく考えずに読める良作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月18日

    『探偵ザンティピーの休暇』の続編。
    アメリカで温泉リゾートを展開するオーナーの娘の日本視察に
    同行するだけという気楽な仕事をもらったザンティピー。
    しかし、彼の仕事がそんなに簡単に終わるはずもなく・・・

    前作と同様、結果的に過去の悲しい事件の真相を暴くことになるのだが、
    事件の終わらせ方はまさに「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月07日


    誰しも、秘密や隠し事の一つや二つは持っているもの。
    幼少期のそれは可愛らしいものであるが、齢を重ねるごとに、墓場まで持っていかなければならない程に重大になったり。

    べらんめぇ調NYの探偵シリーズ第二弾。

    北海道の温泉街で繰り広げられる一事件。

    ほっこりでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月13日

    前作も軽く読んでしまったがこちらの方が更に軽く読み終えてしまった。いきなり気絶させられてしまいパットのことも良くわからないままに話が進んでいくのであまり読み込めなかった。ただ、ザンティピーのみんな幸せなら真実を露にする必要がないとする心情は好き。北海道繋がりで前作の登場人物もしっかり登場。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

探偵ザンティピーの仏心 に関連する特集・キャンペーン