巡礼(新潮文庫)

巡礼(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

男はなぜ、ゴミ屋敷の主になり果てたのか? いまはひとりゴミ屋敷に暮らし、周囲の住人達の非難の視線に晒される男・下山忠市。戦時中に少年時代を過ごし、昭和期日本をただまっとうに生きてきたはずの忠市は、どうして、家族も道も、見失ったのか――。誰もが顔を背けるような現在のありさまと、そこにいたるまでの遍歴を、鎮魂の光のなかに描きだす。橋本治、初の純文学長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年01月31日
サイズ(目安)
1MB

巡礼(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月22日

    最初はゴミ屋敷の主人と近所の住民とのトラブルの話かと思ったら、ゴミ屋敷の一家の歴史が描かれていく。どんな人間にもそれまでに至る当然の過程があるのだが、普段見えない部分を掘り下げて、読者もそのストーリーに引きずり込まれていく。読み終わった後で読む前とは違う自分に気づかされる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    戦後の雰囲気で、語られなかったことが実はたくさんある。「3丁目の夕日」のようにいいところばかり語られているが、そうじゃないこともありる。3.11のことも片付いていないまま走っている今を見ているのかもしれない。
    自分のしていることが無意味であるかもしれないということをどこかで理解している。しかしそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月21日

    「昔はあんな人じゃなかったよ」
    ゴミ屋敷に住む老人の一生。

    ゴミ集めが「無意味」な事は判っている。が、その無意味を指摘されたくなかった。

    自分が巡るあてもない場所を巡り歩いていた事。 会いたい人に会いたい。 そう思いながらの生涯はとても判る気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月26日

    一人の男性の人生を通して、時代とは、家族とは、発展とは何かを問うた作品。正直「こんな締めなの?」と思いました。でも、そういうものかも知れません。人生って。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月03日

    ゴミ屋敷の住人忠市。戦後の好景気を迎える日本で、まっとうに生きてきたはずなのに、何故ゴミにすがる晩年に落ちぶれたのか。
    人間の生き方の難しさを知る。完璧な人生などない。有り得ない。いつ災いが降りかかるか解らない。マニュアルなどない。
    最後の眠りに就くとき、自らの魂が安寧の地に向かうことができるのか?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月15日

    分かり合えない存在は確かにいる。それなのに、ぼくは知らないうちに分かり合える大変狭い世界で生きている。まるで分かり合えないものなど存在し得ないというように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月23日

    ゴミ屋敷の設定とタイトルとのバランスに惹かれ思わず手にとった。ボタンのかけ違えの妙。血の繋がりの強さを感じた。そして、衝撃のラスト。生きることは難しい。ドラマになったら、話題になりそうな一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月29日

    ゴミ屋敷を軸に高度成長の波が色々な視点で描かれる。
    ----P192----
    その時代、「未来」というものは、やって来る前に思うものではなく、やって来られて初めて理解されるものだった。
    --------

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年06月26日

    すごく良かった。

    人間は物語(意味)の中で初めて生きることができる。

    兄と弟が再会するシーン。「兄ちゃん!」。忠市の世界を理解し、共有している者による呼びかけによって、忠市が再びこの世に生きる者となっていく展開には感動で震えた。

    締めくくりでの忠市の死。死も生の延長なんやな。

    生きるってこう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年09月10日

    ゴミ屋敷に暮らす心理に興味を持ち読んだ。
    生真面目に生きてきたのに歯車が狂ってゴミ屋敷が出来上がる心理。
    男自体は主体的にしたいことがなく、流されて生きた人生で、無意識のうちにSOSを出していたのだと感じた。最後の急展開はハッピーエンドだったのではないかと思う。
    芥川龍之介の六の宮の姫君の話が読後に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています