悪寒

悪寒

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大手製薬会社社員の藤井賢一は、不祥事の責任を取らされ、山形の系列会社に飛ばされる。鬱屈した日々を送る中、東京で娘と母と暮らす妻の倫子から届いたのは、一通の不可解なメール。“家の中でトラブルがありました”数時間後、倫子を傷害致死容疑で逮捕したと警察から知らせが入る。殺した相手は、本社の常務だった――。単身赴任中に一体何が? 絶望の果ての真相が胸に迫る、渾身の長編ミステリ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年06月02日


    初めての伊岡瞬!
    今読み終えて滂沱の涙です。

    全国書店第1位
    サラリーマンが呑み込まれる壮絶な運命。

    最初は主人公藤井賢一が馬鹿で愚かで鈍感で!と罵倒しながら読んでいた。
    ある意味出向での対応には同情していたが。今ならセクハラだろう。それも行き過ぎた。被害者だ。
    言葉が汚くてごめんなさい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    オススメ文庫王国から。自分で蒔いた種とはいえ、主人公のあまりにも急転直下な転落が、序盤の物語を、とにかくどんどん引っ張っていく。中盤以降も、家族の問題もどんどん付加されていきながら、最後の意外な真相まで、二転三転どころか、何転するんだってくらい、めまぐるしく展開していく。徹頭徹尾、求心力が凄くて圧巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    主人公が振り回されハラハラする展開に凄く引き込まれました。事件が複雑になるにつれて続きが気になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    犯人は読めてしまったが、楽しめた。作中に出てくる刑事のことが気になり、痣を読むきっかけになった作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月15日

    すごい話…
    実際に、藤井賢一の立場だったらどんなふうになっちゃうんだろう…
    考えたくもない(笑)

    夫婦愛や家族というものを考えさせられる本でした。

    「中年男性の鈍感さは犯罪」 

    毎日一緒に居る家族の変化を見つけられない、気持ちを考えてあげられない、確かにそういう人は多いんじゃないかなと思う。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月11日

    2020.09.11

    主人公情けない、倫子わけわかんない、香純ナマイキ、優子気ぃ強すぎ、常務性欲強すぎ、ばあちゃんボケすぎw 登場人物みんな嫌いw

    主人公ほんっと煮え切らないし情けないし高森にグイグイ押されても曖昧な態度だしそりゃ上司にいいように使われて地方に飛ばされるわなってイライラしながら読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    主人公がダメダメで、しっかりしなさいよ!って何度も思いました。いい歳のオジサンの情けないところが、悲惨なストーリーをより一層浮き立たせています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    流石わ、と言いたいところだが、犯人は中盤で分かってしまった。スピード感は相変わらずで、最後の最後にどんでん返しは変わらない。たのしめた。⭕️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    テンポ良く最後まで一気に楽しく読めました。途中、主人公の境遇がなんとも切ないというか可哀想というか。ビジネスマンの苦悩。そして事件の展開にどんどん巻き込まれる。最後は一安心。ホッとしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    途中すごく面白い!と思っていたのですが、「あれ?」と思ってしまった部分がまさに結末だったので、ラストが少し物足りませんでした。
    話としてはテンポよくスピード感を持って読み進められました。
    伊岡さんの作品は初めて読んだので、ほかも読んでみたいです(^ ^)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています