星の王子さま

星の王子さま

サハラ沙漠の真っ只中に不時着した飛行士の前に、不思議な金髪の少年が現れ「ヒツジの絵を描いて……」とねだる。少年の話から彼の存在の神秘が次第に明らかになる。一本のバラの花との諍いから、住んでいた小惑星B612を去った王子さまはいくつもの星を巡った後、地球に降り立ったのだ。王子さまの語るエピソードには沙漠の地下に眠る水のように、命の源が隠されている。肝心なことは目では見えない。心で探さないとだめなのだ……。生きる意味を問いかける永遠の名作を池澤夏樹による瑞々しい新訳でお届けします。原典の世界観を忠実に再現した横組みの本文。電子化に際し、挿絵は原典の彩色に復原しました。手のひらの中で、サンテグジュペリの描いた世界が鮮やかによみがえります。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

星の王子さま のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    社会人6年目。7年ぶりの再読です。
    忙しい毎日でどれだけ擦り減っても忘れたくないマインドがここにはあります。
    生きる楽しさの本質、かけがえのない存在とは何か、人生においてとても大切なことを教えてもらいました。

    0
    2024年02月23日

    Posted by ブクログ

    この小説からイメージした主要なテーマは「成長とは何か?」。王子さま(すなわち人間)がどのように成長していくのかが描かれています。そのステップは、好奇心を満たす→他者性を受け入れる→それによって傷ついていく。このプロセス。自分の傷付き方、成長の仕方に、王子さまは最終的にどう振る舞うのか?ただこのお話の

    0
    2023年08月28日

    Posted by ブクログ

    「世界とどのように関係を結ぶか」がテーマと理解した。

    庭に咲いている5000 本のバラじゃなくて、星の1本のバラが大切な理由。5億の星ではなく、1つの星。20億の他人ではなく、1人の友達。それは、たまたま出会い、時間を共にして、お互い「飼い慣らす」から、大切になる。人も、土地も同じ。価値があるから

    0
    2023年07月16日

    Posted by ブクログ

    名作なので読みたいとずっと思っていました。
    想像力が試される作品に感じられたということは、私自身子供心をだいぶ失っているのでしょうか…。
    大人でも読んで楽しい作品だったので、西洋ファンタジーはもっと読んでみたいです。
    「大切なものは目に見えない」の名言は読む前から聞いたことがあり、実際に読んでみると

    0
    2023年07月12日

    Posted by ブクログ

    星の王子さまを沢山持っているが、集英社はなにより装丁が綺麗で、人生の1冊にするにはこの装丁がぴったり。
    文字が施されたスピン、青いカバーに黄色の花布、儚く泊を押した文字、開くと星に吸い込まれる。

    薔薇との別れ、蛇の遠くへ連れていくという死の比喩が染みる。どの描写も詩的で哲学やモラルをこれほど間接的

    0
    2023年06月17日

    Posted by ブクログ

    小さい頃から親しみのある唯一の本
    改めて読み直して良かった
    星の王子さまを忘れないように、これからもたまに読み直そうと思う

    0
    2023年06月14日

    Posted by ブクログ

    心洗われる素敵な物語りでした。
    キツネのセリフ「ーものは心で見る。肝心なことは目では見えない」この言葉大切にしたいです。
    この言葉だけでなくこのキツネとの物語はすごく好き。
    何気ないものを意味のあるものに変えてくれる存在を大切にしたいです。

    0
    2023年06月06日

    Posted by ブクログ

    やっぱりこの話好き。
    ワクワク感と淋しさが心に響く。

    最後に星の王子さまミュージアムに行けてよかったな。

    0
    2024年07月13日

    Posted by ブクログ

    大人になるといつのまにか無くなってるもの、忘れているものに何か特別なメッセージをくれた気持ちになれる。
    そのメッセージが深く、何回も読み直したくなる。

    子供心のある大人になりたい。

    0
    2024年07月13日

星の王子さま の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

作者のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す