クローバー

クローバー

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

強引で女子力全開の華子と人生流され気味の理系男子・冬冶。双子の前にめげない求愛者と微妙にズレてる才女が現れた! でこぼこ4人の賑やかな恋と日常。キュートで切ない青春恋愛小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年09月20日
紙の本の発売
2011年01月
サイズ(目安)
1MB

クローバー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年10月12日

    作者の作品は、本作で多分キリ良く十冊目を読み終えたと思う。世間では公開された映画「ナラタージュ」が注目されている(監督とかテレビの番宣による印象)。彼女の代表作に数えられる恋愛小説だが、その大体においての作風というのは、登場人物が何を考えているのかイマイチ分からない。何かしら重いもの(過去だったり立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月15日

    双子の姉弟の恋愛、どちらもきゅんとする話でした。
    登場人物全員の個性が出て、良かったと思います。
    ラストの電車のシーンもオシャレで素敵でした。
    何時も読み返してしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月20日

    ワガママで女子力前回の華子と、その暴君な姉に振り回されて、人生優柔不断ぎみな理系男子の双子の弟冬治。そんな二人と、めげない求婚者熊野と、挙動不審の才女雪村さんの四人で織りなすストーリー。


    四人での楽しい日々と、決断のとき。


    一千一秒の日々に続き、島本さんの青春ストーリーです。


    登場人物の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    島本さんの作品は「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」以来気になっています。

    双子の姉弟・華子と冬治。
    言いたいことをポンポン言えて女子力のある華子。一方、幼少から華に振り回され面倒見はいいのに自分に自信のない冬治。
    そんな対照的な二人の暮らしに、華子に想いを寄せる男性や冬治の研究室の雪村さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    なんだか甘くて酸っぱくて
    微笑ましくなる物語

    疲れた心に絶対に沁みる

    この双子ちゃんたちを取り巻く物語に
    絶対に恋をすると思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    先月『君が降る日』を読み、気になってきた島本理生さん。雑誌で特集されていて気になったので読んでみたらやっぱりよかった。
    大学生活の良い意味で浮ついた感じとちょっとした事で状況が変わる危うさ、3年生からの就活ムードと焦りなどなど読んでいて痛懐かしい気持ちでいっぱいだった。
    辻村深月さんの解説がとても的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    『大学の購買部でパンを買おうとしていたら、目の前を、リクルートスーツ姿の女の子たちが横切った。たぶんビジョンがないからダメなんだよねー、という台詞も聞こえた。「就活の時期だなあ」』

    大学時代も後半になると、それまで主流だった恋愛の話題に代わって、友達との会話も進路の話題が増えてくると思います。えっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    よく練られた、的確なフレーズが散りばめられている。最後のシーンは、何度も唸ることなしには読み進められなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月30日

    ずっと読むか迷っていた作品。
    早く読めばよかった。根拠なく読みたいと思ってたものだけど、その感覚はあっていた。
    華子と冬治。どちらもすごく共感出来る。こういう悩みながら成長していく、という話が好きなんだなと改めて思った。
    面白かった。私の中にも、何かしら残るものがあったかも。また読みたい。今回借りた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月28日

    顔は似てるけど性格は反対の双子の姉弟の物語です。
    まず姉弟の二人暮らしで都内の大学に通うという設定が非常に楽しいです。二人の部屋を舞台にそれぞれの恋模様が描かれているのですが、互いに良い感じに干渉して(関わらされて?)いて、冬治と華子の関係がよく表れてました。展開としてはとても王道で、最後の結末にし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング