MAO(4)
  • NEW
  • 最新刊

MAO(4)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 499円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

次々と出逢う摩緒のかつての兄弟子たち!

摩緒は“ある役割”のせいで

5人の陰陽師に命を狙われている事が発覚。

そんな中、「朽縄」という

顔に見覚えのある術者と

対峙する事になった。

果たして彼の正体は!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年05月18日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

関連タグ:

新刊オート購入

MAO(4) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    ある人のTwitterのつぶやきで、「MAO」が好きな人におススメのマンガとして「人魚の森」と「犬夜叉」「鬼滅の刃」がすすめられてましたが、今回は雰囲気が「人魚の森」と「鬼滅の刃」な感じ。
    しかもだんだんと気持ち悪いシーンが増えてきた。

    でも・・・続きが気になるので次ももちろん読みます。
    8月かぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    百火さまと既に共闘になるとは(但しまた先輩死んでおられたけど)
    次から次へと兄弟子登場だが、それぞれスタンスが違うので面白い。
    900年前の件が少し分かってきても次の謎が出てきて、まだまだはっきりしない。
    ミステリを読んでいるようで、これはこれで面白い。
    心休まる場合が少ないけど……

    しれっと泰山...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

MAO のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • MAO(1)
    462円(税込)
    陰陽師と妖(?)少女の大正怪奇ロマン! 小学一年生の時、一家全員が事故に巻き込まれるも 自分だけ生き残った過去を持つ黄葉菜花。 中学三年になった彼女が再び 事故現場を通るとなぜか大正時代へ! そこで出会った陰陽師の少年・摩緒より 「お前、妖だろう」と言われた翌日に 菜花の身体能力が覚醒した―― 自身の「謎」を解き明かすため、 菜花は摩緒と行動を共にする事になるが… 「宿命」の2人がい...
  • MAO(2)
    462円(税込)
    摩緒と菜花、全ての鍵を握る猫鬼を捜せ! 中学三年の黄葉菜花(きばなのか)はかつて自身が事故に遭った地を通り、大正時代へと辿り着く。 そこで出会った陰陽師・摩緒(まお)による菜花=「妖」説の謎を解くため彼と行動する事に。 菜花は摩緒と同じ蠱毒・“猫鬼(びょうき)”に呪われた可能性がある。 自分に隠された謎を解き明かすため一行は猫鬼の能力と同じ「寿命を操る」教祖のいる教団へと潜入...
  • MAO(3)
    462円(税込)
    菜花の謎、解明。摩緒の因縁、再燃。 懸念していた大地震をきっかけに 菜花と摩緒は猫鬼と出会う。 菜花は自身の身体に隠された謎、 そして摩緒は、 未精算の過去がもたらした 「新たな因縁」と 向き合う事になる……
  • MAO(4)
    続巻入荷
    462円(税込)
    次々と出逢う摩緒のかつての兄弟子たち! 摩緒は“ある役割”のせいで 5人の陰陽師に命を狙われている事が発覚。 そんな中、「朽縄」という 顔に見覚えのある術者と 対峙する事になった。 果たして彼の正体は!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています