夜叉の瞳 3
  • 完結

夜叉の瞳 3

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 576円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

▼第1話/舎利姫▼第2~3話/夜叉の瞳[前・後編]▼第4~5話/最後の顔[前・後編]●主な登場人物/湧太(元は漁師。人魚の肉を食べ、500年間不老不死のまま生き続けている)、真魚(まな。人魚の里で育てられた少女。いけにえにされる所を湧太に救われ一緒に旅をする。気が強い)●あらすじ/湧太が人魚の肉を口にしてから120年。元の体に戻るため、人魚を探す旅を続けていた湧太は、人魚の肉を売りにする見世物興行の親娘に出会う。その人魚は偽物だったが、人魚の肉を食べたという娘・なつめは、湧太と同様に傷がすぐに治ってしまう体を持っていた…(第1話)。●本編の特徴/表題作「夜叉の瞳」では、湧太が昔雇われていた屋敷に幽霊が出るという噂を聞き、真魚と共に確かめに行く。そこで出会ったのは、かつて姉と心中したはずの長男・新吾に良く似た男だった…。また「最期の顔」では、湧太たちが、海辺の街で傷がすぐに治るという粉薬を飲む少年・七生と知り合う。人魚の肉が招く不老不死にまつわる短編シリーズの第3集。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
シリーズ
人魚シリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年03月22日
紙の本の発売
2003年12月
サイズ(目安)
52MB
    購入済み

    最後の顔

    のちこ 2020年04月24日

    この作品がクライマックスなのでしょうか?子供の頃、最初に読んだ人形シリーズが「最後の顔」でした。人魚の前知識もなく読んだので「???」になりながらも夢中で怖い不気味なこの話に取り憑かれたのを今でも覚えています。
    あれからコミックを揃え、続刊を今か今かと待ってン十年…もう描かれてないのでしょうか、少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月01日

    人魚とタイトルに付かなくなったり人魚の肉が細かく違う形で使われてたりと変化球で攻めてきた感じ。この巻から未読だったんだけどやっぱり面白い!連載再開して欲しいなぁ~てかこの巻で終わりじゃ無い事を願いたい。やっぱり最後は湧太と真魚は死んじゃうのかな?何か死が救いなお話な気がしてきて続きがひたすら気になり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    そして第3弾の「夜叉の瞳」。とりあえずこれ以上は本が発行されていないようです。
    罪を償うというのは、こういうことなのかもしれない、と感じさせられる「夜叉の瞳」でした。
    人魚シリーズは、ナンだカンだ言っても「潔さ」が最後を締めくくっているような気がします。痛くても、辛くても、無念があっても、最後の最後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    今まで未収録だった話も収録。これを読みたいがために、結局新装版も3冊買っちゃいました。A5版の2冊も持ってるんですけどね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    1巻と2巻にくらべたら……

    ナイレ 2021年04月28日

    1巻の人魚の森、2巻目の人魚の傷に比べると勢いは落ちたかな?と感じるが、るーみっくわーるどを魅せてくれますね。まなと、ゆうたをもっとみていたかったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    人魚の肉を食べて不老不死になった湧太の昔の話と、
    直近の話が交錯する、シリーズ最終巻……らしい。
    いくらでも続けられそうな、やっぱりここらが潮時のような。
    年を取る者と取らない者が別離の後に再会するのって、
    吸血鬼テーマの物語と似ている気がする。
    だから引き込まれてダーッと読んじゃったのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月06日

    「舎利姫」までは、読んだことがありますが、それ以降の作品は、追いかけられていないなぁ。

    「最後の顔」が、1994年の作品ですから、それからもすでに10年ぐらいたっているんですね。

    次は、あるのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月02日

    「炎トリッパー」や、「忘れて眠れ」みたいな、過去と未来が巧妙に交錯した話を期待していたから、どの話も一本道をターッと駆け下りる感じで終わってしまって、ちょい物足りなかった。

    登場人物の抱えている情念とか怨念とかも、過去2巻に比べるとネタ切れっぽく、ちょっと大味だった。

    あと、人魚の肉の効果が、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    続きもうないのかなぁ?
    主人公たちは不老不死なんだから、これからもいつまででも描き続けられると思うんだけど・・
    なんか完結っぽくて寂しい・・

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

夜叉の瞳 に関連する特集・キャンペーン