優しい音楽 <新装版>

優しい音楽 <新装版>

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
紙の本 [参考] 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

混雑した駅中、彼女は驚いた様子でまっすぐ僕の方へ歩いてきた。それが僕たちの出逢いであり、恋人同士になるきっかけだった。でも、心も身体もすっかり馴染みきったある日、唐突に知ってしまう。彼女が僕に近づいた理由を――。(表題作「優しい音楽」)ちょっと不思議な交流が生みだす、温かな心の触れ合いを描いた作品集。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2019年08月30日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

優しい音楽 <新装版> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    がらくた効果 が好き。
    何でも出てくる家っていいな。がらくたを集められる心のアンテナが素敵だなと思った。何でも受け入れる、広い深い心をもちたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月24日

    短編の三作品だがどれも面白い!
    序盤で、ん??と思うつかみがあり、その後どの様に展開するの?って思うのだが笑
    またありえないような設定だったりするのに、どこか自然で読み進んでしまう
    瀬尾さんの小説はとてもユニークなのに、心優しい作品が多い!
    この作品もどこかほっとします!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    書き出しの上手な作家さんだなというのが瀬尾さんの印象。ありえないような偶然や人間同士の関わりから生まれる物語は、ちぐはぐなのに温かさがあって物語がどう転がっていくのか見当もつかない。でもハラハラするというよりどこに向かってくのかが楽しみで毎回あっと驚かされる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月30日

    本のタイトルと想像してた内容と違った。勝手に想像していただけなんだけど‥
    読んでる途中は、なんだかモヤモヤした気持ちであったけど読み終わりは優しい気持ちだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    物語の始まりは、ちょっと風変わりなんだけど、終わり方がほんとに素敵で、ふんわりと優しさに包まれたような感じがする。
    「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果」
    三編とも、出会いから少しずつ心を開いていく過程の描写がいいなと思う。
    本当の優しさって、身内にだけ向けるものじゃない。
    かたちや世間体では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    人と人との微妙な関係をうまく表現できている。瀬尾まいこの世界には不思議な空気感がある。実は今回が初めて瀬尾まいこの本を読んだのだが、このようにその辺に普通にいそうな人の人間関係をさらりと物語っているのはあまり見ないと思う。この本は表題作他2篇の短編集である。
    どの作品にも、ちょっと微妙な立場にあるカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月26日

    幸福な食卓の穏やかで優しい世界観が好きで、
    作家さんを見ただけで何となく今の気分かなと思って手に取った一冊。
    忙しなく生きている中で、目の前のことにとらわれ過ぎて苦しくなりそうな時に、ほんの少し立ち止まって読みたい本。
    タイムラグやがらくた効果のような、偶然の事故的に出会ったナナメの関係みたいなもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

    温かな三作品の短編集。
    全体通して登場人物の奇妙な関係性が面白い。瀬尾まいこさんの作品は終わり方がいい。すごく落ち着いて物語が収束する感じが私には好ましく感じる。

    優しい音楽の主人公の立場で考えてしまい作中にいる訳じゃないのに居心地が悪くなったというか…気持ちがモヤッとしてしまい「うーん…」という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月28日

    嫌なことがあっても、問題があっても、なんとか前を向こうとしていく三つの短編集。
    何冊も瀬尾さんは読んだけど、解説の一文目にある通り、瀬尾さんの作品の良さが詰め込まれてる短編集だと思う。瀬尾さん入門としても入りやすいだろうし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月14日

    短編集です。
    よく考えると、「現実だったら風変わりだな」というシチュエーションですが、瀬尾まいこさんの書く柔らかな雰囲気でそれはあまり気にならず、さらっと読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています