サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻

サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『このミステリーがすごい!』大賞作家の作品!!相手の習慣やしぐさ、行動パターンから嘘を見破る行動心理を専門にした女性刑事・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する、連作短編集です。焼死体が見つかり、被疑者として浮かび上がった被害者の幼馴染がついた嘘を暴く「近くて遠いディスタンス」。人気俳優の夫を殺害したとして自首してきた有名女優の真実を暴く「名優は誰だ」。絵麻の同僚の刑事が殺人事件の犯人として疑われる「綺麗な薔薇は棘だらけ」など、全五話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
361ページ
電子版発売日
2019年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • ドラマ化

    「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」

    2020年4月~ BSテレ東
    出演:栗山千明

関連タグ:

サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    ドラマも見ていたので原作もと思い購入。
    相手の仕草から嘘を見破り、真実を導き出す絵麻と西野のコンビを中心に進むストーリー。
    犯人との対決、とりわけ女性同士の対決は展開も熱く。第5章は身震いがしました。
    目が離せない展開の数々であっという間に既読。
    次のシリーズも読んでみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    ①YESか脳か、②近くて遠いディスタンス、③私はなんでも知っている、④名優は誰だ、⑤綺麗な薔薇は棘だらけ、テレビドラマで面白かつたので読んでみた。楯岡絵麻 - 栗山千明、西野圭介 - 白洲迅がイメージできてなかなか面白く読めた。シリーズものだから次巻が楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    SNSで見て気になり、手に取った本。
    人が嘘をつく瞬間に0.2秒だけ現れるというマイクロジェスチャーを読み取って真実にたどり着くストーリーで、とても読みやすかった。
    「大脳辺縁系に聞く」という独特の言い回しで、相手に斬り込んでいく様子は痛快であった。
    文面には行動心理学の説明もあり、興味深かった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月13日

    2018年秋にBSテレ東で8回連続で放映され、その後もスピンオフや第2シーズンが作られたドラマの原作シリーズの第1作。ドラマの主演は栗山千明。この巻の5話は、いずれもシーズン1でドラマ化されており、津田寛治さんや堀内敬子さん、森口瑤子さんらが取り調べを受けている。いや、テレビドラマ化ってすごいわと感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    皆さんも書かれていますが、すらすらと読んでしまいました。人間模様もあっさり目でディープな作品の後に丁度良い感じです。過去の事件も気になるので続編も買いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月11日

    思わず振り向くような美貌を持った女刑事が被疑者を行動心理学を使って尋問する話です。
    海外のドラマでメンタリストというものがあるのですが、それの女刑事版という感じでとても面白かったです。
    短編集なので最初の方はあっという間に話が進み、物足りない感があったのですが、最後2話らへんは女刑事の過去の話が出て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

     行動心理捜査官・楯岡絵麻シリーズ第1作。テレビドラマのシーズン1の原作になった5編を収録した短編集。
     行動心理学を用いて被疑者の嘘を見破り、事件解決に導く通称「エンマ様」。「取調室」を舞台にした作品なので、派手さはないが、細かい行動分析が繰り広げられる。嘘をつく時に表れる「なだめ行動」、頭で考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    佐藤青南の小説初めて読んだけど、おもしろい‼️
    取調官の楯岡絵麻が取調室の中だけで事件を解決していく。
    行動心理学を駆使して嘘を見破り、次々と事件を解決。
    短編が5本あり、その中で楯岡絵麻の刑事になろうとしたきっかけの事件についても明らかになってくる。
    続編が読みたくなった❗️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    2019年98冊目。初読みの作家の方。被疑者と軽いイメージのトークから始まり、行動心理学を駆使して事件の核心に迫るという話のパターン。心理学は自分にとってチンプンカンプンな分野なので、絵麻がどのように被疑者を追い詰めている過程は理解して読んでいるわけではないが、とても面白い。あと、絵麻が刑事になった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    行動心理学で相手を追い詰める取調官、楯岡絵麻。普通なら見逃してしまいそうな些細な行動から嘘を見破る。私の脳内で絵麻は栗山千明さんのイメージでしたが、ドラマ化されて栗山さんが実際に演じたんですね、見たかった!後輩刑事の西野ともいいコンビ!次巻がかわたのしみだ。

    このレビューは参考になりましたか?

行動心理捜査官・楯岡絵麻 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    『このミステリーがすごい!』大賞作家の作品!!相手の習慣やしぐさ、行動パターンから嘘を見破る行動心理を専門にした女性刑事・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する、連作短編集です。焼死体が見つかり、被疑者として浮かび上がった被害者の幼馴染がついた嘘を暴く「近くて遠いディスタンス」。人気俳優の夫を殺害したとして自首してきた有名女優の真実を暴く「名優は誰だ」。絵麻の同僚の刑事が殺人事件の犯人として疑われる「綺麗な薔薇は棘だらけ」など、全五話。
  • ブラック・コール 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    スマッシュヒットを飛ばした『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』シリーズ第2弾となる短編集です!相手のしぐさから噓を見破る美人刑事・楯岡絵麻。元教え子を8年間監禁した容疑をかけられる美術教師(「イヤよイヤよも隙のうち」)、他人のパソコンを遠隔操作して殺人予告を書き込んだ容疑がかかるプログラマーと、彼についた人権派弁護士との対決(「トロイの落馬」)、そして、絵麻の恩師を殺害した犯人との直接対決(「エンマ様の敗北」)など、数々の難事件に挑む!
  • ヴィジュアル・クリフ 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    似非健康商品を売りつける「ご長寿研究所」の店長が殺された。別件で指名手配中の男が現場付近で目撃されていたが、絵麻は違和感を覚える。そして新たに捜査線上に上がった人物は、行動心理学のかつての第一人者で絵麻の恩師・占部亮寛だった。店の常連客らしい占部。絵麻が聴取に行くと、占部は心を読み取られないよう抗不安薬を飲み――。相手のしぐさから嘘を見破る、シリーズ第6弾。
  • セブンス・サイン 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    行動心理学で相手のしぐさから嘘を見破る美人刑事“エンマ様”こと楯岡絵麻。真っ白な着物を着た男性の餓死死体が河川敷で発見された。胃の中に漆が見つかったことで即身仏を試みたと思われたが、遺体には監禁された跡があった。宗教団体の関与を疑って赴くも、信者らに嘘をついている様子はない。しかし聴取の途中で驚愕の事件が起こり――?鮮やかな手腕で嘘を暴く痛快心理ミステリー!
  • ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    行動心理学を用いて相手の嘘を見破る美人刑事“エンマ様”こと、楯岡絵麻。強盗殺人事件が起こり、事件翌日に署内で拳銃自殺した刑事・宮出が犯人とされたが、同期の綿貫は、真面目で気弱な宮出の犯行を信じられず、独自で探りはじめ……。女子大生の失踪、アイドルの他殺体、歪んだ愛が引き起こす様々な事件を絵麻が捜査するなか、やがて綿貫は宮出の痛切な思いに辿り着く。
  • サッド・フィッシュ 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    行動心理学を用いて相手のしぐさから嘘を見破る刑事・楯岡絵麻。その手腕から“エンマ様”と呼ばれていた。人気歌手の死は本当に自殺なのか。老婦が殺された原因はご近所トラブルによるものなのか。SNSを巡る事件の裏には何が隠れているのか。捜査に勤しむ絵麻のもとに、かつて恋人だった公安の男が姿を現す。彼に頼まれ、絵麻は国際テロ組織にスパイとして潜入していた女の行方を追う。
  • インサイド・フェイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    行動心理学を用いて相手のしぐさから嘘を見破る、美人刑事・楯岡絵麻。その手腕から“エンマ様”と呼ばれる。離婚した元夫に刺されたという被害者女性の証言により、被疑者の取調べに当たった絵麻。しかし、ふたりの娘が三年前に殺されていた事実を知った絵麻は、筆談でしか応じようとしない不可解な行動をする被疑者から、ある可能性を感じ、後輩の西野とともに調査に乗り出すと……。
  • ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻
    累計54万部突破の「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(通称エンマ様シリーズ)、最新刊です! 人気YouTuberが殺害され、加害者である暴力団員は道端でぶつかっただけで被害者とは面識がないというが……。ホームヘルパーとしてつましく暮らしていたはずの女性の遺体には、むごたらしいリンチの痕があり――。路上で無差別殺傷事件を起こした男を取り調べていると、ネットで殺人教唆を受けたような形跡が。その糸を辿っていくと、死刑囚として服役しているはずのある人物に行き着き……。相手のしぐさから噓を見破る美人刑事が真実を暴く全4話。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

宝島社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

行動心理捜査官・楯岡絵麻 に関連する特集・キャンペーン