コンタクト・ゾーン(上)

コンタクト・ゾーン(上)

作者名 :
通常価格 702円 (639円+税)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

楽園は戦場と化した。女たち、生き残れ!

南国のリゾートに出掛けたOL3人は、内乱により戦場と化した島で生き残れるのか?
文明の意味を問う、スリルと感動の1300枚

ノンキャリ公務員の真央子、買い物依存症の祝子、不倫の恋に悩むOLありさの三人組は、バカンス先のバヤン・リゾートで、テオマバル国の内乱に巻き込まれる。
ゲリラの手に落ちた島で、虐殺を逃げ延び、彼女たちは生き残れるのか……?
圧倒的なスケールで、異文化接触地点(コンタクト・ゾーン)での女たちの闘いを描いた感動巨編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2019年03月22日
紙の本の発売
2006年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

コンタクト・ゾーン(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月23日

    篠田作品のいくつかの系統があるうちの一系統の代表的な作品。
    読むべし。


    #同じように複数の女性が主人公になっても,桐野作品とこうも違うものかと興味深い。篠田作品は,根底に社会的背景が一本太い筋として必ずあるのに対して,桐野作品は個人的特性と人間関係をねっとりと描写するのを主眼としているので,両方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    どちらかというと負け組の女性3人が、南の島のサバイバルや地元の人との暮らしの中で強く成長していきます。彼女たちが生き延びられるのか、どういう選択をするのか、ハラハラしながら一気に読みました。
    女性なら共感しながら読めると思います。
    また、世界の貧富の差や、武力、私たちが取るべき行動について非常に考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    篠田節子さんの作品は、アクアリウムを読んで以来、のめりこむこともなく、ずっと仲の良い男友達、みたいな読み方が出来ている。

    たまに勘に触ることがあっても、まっいっか・・とさばけるような・・何故なら、とっても大好きな部分があるから。

    着かず離れずのお付き合い、そんな感じです。

    それが今回、とてもよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月24日

    第一章は、とにかく3人組の言動が鼻についてイライラする(敢えてそう描かれているのだが)。ここで挫折する人もいるのでは。その後は、アクションからのすわ無人島サバイバルかと思いきや、民族対立や伝統と発展が入り交じる村の様子が重苦しく、しかし丁寧に書かれている。主人公3人にに共感できる部分も多い。
    下巻も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月16日

    この著者は『女たちのジハード』で直木賞を受賞している。
    『女たちのジハード』は同僚が次々と寿退社していく中での売れ残ってたOL5人の生き様を連作長編小説の形式で描いた作品で、女だというだけで男の身勝手さの中で生きていかなければならない逞しさが描かれて元気を貰えるような小説だった。
    本作『コンタクト・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    篠田節子『コンタクト・ゾーン 上』文春文庫。

    2006年の文庫化作品。上下巻の長編。後半、サバイバル小説かと思うような展開があるが、それも一瞬のこと。2000年代の典型的な日本のOLが異国の地で紛争に巻き込まれ、文化の違いに気付き、帰国の道を模索するという物語。

    日本から架空の国テオマバルにバカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月04日

    どんな環境でも生き抜くのが女性っぽいと思った。
    ※10/4以前に読み終わった本はすべて10/1読破にします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月31日

    三十路を過ぎた女たちがリゾート地で、内乱に巻き込まれる物語。どこか、血なまぐささの中にユーモアがあるのは、3人にそれぞれの個性を与えていてうまく機能しているからだろう。それにしても、弥勒はここが原点であったのか。前々から気になってた作品だったが、このようなストーリーとは知らなかった。半島を出よがかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    上下巻。インコと同じようなStory。バカンスに行ったお気楽日本人女性が現地の争いに巻き込まれて、生き延びる。
    ガイドの工藤がいきなり消えたのにはびっくりだったが。。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    東南アジアのある国の豪華リゾートにでかけた日本の30代女性3人が、突如勃発した内戦に巻き込まれ、日本に帰国できないまま現地の村でサバイバルする…という話。バリ島のリゾートホテルに持って行って読んだので、臨場感をたっぷり味わた(悪趣味…)。私が篠田節子の最高傑作と思っている『弥勒』につながるテーマだが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

コンタクト・ゾーン のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • コンタクト・ゾーン(上)
    楽園は戦場と化した。女たち、生き残れ! 南国のリゾートに出掛けたOL3人は、内乱により戦場と化した島で生き残れるのか? 文明の意味を問う、スリルと感動の1300枚 ノンキャリ公務員の真央子、買い物依存症の祝子、不倫の恋に悩むOLありさの三人組は、バカンス先のバヤン・リゾートで、テオマバル国の内乱に巻き込まれる。 ゲリラの手に落ちた島で、虐殺を逃げ延び、彼女たちは生き残れるのか……? 圧倒...
  • コンタクト・ゾーン(下)
    楽園は戦場と化した。女たち、生き残れ! 南国のリゾートに出掛けたOL3人は、内乱により戦場と化した島で生き残れるのか? 文明の意味を問う、スリルと感動の1300枚 バカンス先で内乱が発生し、虐殺を逃れた真央子、祝子、ありさがたどりついたのは、山間の小さな村、テンバヤン。 そこは異なる宗教、異なる価値観のせめぎあう異文化接触地点(コンタクト・ゾーン)だった。 村人は真央子たちをかくまい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています