死都 ホーラ

死都 ホーラ

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 618円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

神の起こす奇蹟か、それとも罰なのか

エーゲ海の小島を訪れた不倫関係の男女を襲う不可思議な出来事。
重い現実を背負う2人が行き着く場所は? ゴシック・ホラー長篇

十数年の不倫関係を続けるヴァイオリニストの亜紀と建築家の聡史。
束のまの濃密な時間を求めてエーゲ海の小島を訪れた二人は、
島にかつて存在した混沌の都・ホーラに迷い込む――
次々と襲いかかる恐ろしい出来事は、神の奇蹟か、それとも罰か。
重い現実とギリシャの壮大な歴史が織り成すゴシック・ホラー傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年03月22日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

死都 ホーラ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    久しぶりの篠田節子さん。一気に読めた。やっぱり好きだ。篠田さん。ギリシャの小さな島に旅行で来た男女の物語。ホラーだけど怖くなく悲しくキレイな話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月08日

    亜紀の前でよみがえるホーラの描写がすごくリアルで生々しい街の様子が想像できた。胸にぐっとくる描写が多く、読み終わった後がなんとも言えない気持ちになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月10日

    ホーラという町が現実にあるかのように思えた。
    解説を読んでフィクションだと分かったが、リアルな背景や描写に行ってみたいと思わせる魅力がある。
    篠田節子らしい人間の生々しい感じが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月15日

    長いこと不倫関係を続けてきたヴァイオリニストと建築家が、旅行先で不気味な出来事にあう話。
    ゴシック・ホラーと裏表紙には書いてあったが、果たしてこれはホラー小説なのか?という大いなる疑問を感じた。期待していたほどゴシックでもホラーでも何でもなく、ただ単に不倫に苦しむ中年女性の懊悩、人生観をたっぷり詰め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月23日

    ギリシャのパナリア島を舞台にしたミステリー。全体的に、同じ作者の「廃院のミカエル」にかなり近い。

    主人公の亜紀はヴァイオリニストで、建築家の聡史と10数年W不倫の関係を続けている。ある日2人で内緒の旅行に訪れたロンドンで、聡史は海の底から発見されたというヴァイオリンを亜紀に贈る。その後アテネに渡っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月07日

    主人公亜紀は十年以上不倫している相手聡史とエーゲ海の小島に行くが、地元の人の勧める場所に観光しようとしたが、なぜか昔あったといわれる街―死都―に迷い込み、その後いくつもの不吉な事件に巻き込まれる。

    内容はともかく、解説が山本やよいでどこかで見た名前だと思っていたら、V.I.ウオーショスキーシリーズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月17日

    ネタ切れなのか。正直「またこの設定か……」という感は否めない。まぁその設定が好きだから、いつも読んでしまうのだが、そろそろ他の世界も見てみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています