森メトリィの日々
  • 最新刊

森メトリィの日々

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
紙の本 [参考] 2,035円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2019年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から5冊目の書籍化。
・なにかのニュースを見たとき、「え、本当なの?」と少し疑って、そのニュースの出元がどこかを確認する必要があります。
・では、何が面白いのかというと、それは現実が一番面白い、と確信しています。
・自分と異なる価値観の存在を認めることが、真の知性だと思います。
・「天下御免」というのも、子供のときに、「世間に謝りつづける」謙虚さの意味かと勘違いしました。
・経済は今のことですが、環境は未来のことです。
・解雇されることを「首が飛ぶ」といいます。飛ぶのは頭ですよね。
・迷うことがある状況というのは、わりと楽しいものです。悩んだり、迷ったりするのは、それだけ選択肢がある自由な条件だからです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
ページ数
368ページ
電子版発売日
2020年07月14日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

森メトリィの日々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    森博嗣の「森の日々シリーズ」日記、終終巻、2019年7月1日から2019年12月31日まで、「店主の雑駁」で掲載されていた(現在は消滅しているサイト)。ずーっとかなり長い間、森博嗣はネットで、仕事として日記を公開して、書籍化している。この本人曰く最後の日記は、特に60歳をすぎて、今まに生活して、引退...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    芝刈り、ドライブ、犬、趣味、ときどき仕事。
    そんな毎日を綴った一冊。似たような毎日でも、一日とて同じ日はないんだな、と読んでいて感じました。「今日は何をしよう」とは考えても「今日は何を考えよう」とは考えない。たしかにそうです。少し意識を変えてみることで、一日のなかでも意義のある時間が増える。知っては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

森籠もりの日々 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 森籠もりの日々
    1,430円(税込)
    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2017年7月からの毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」を書籍化。●ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、多少は穏やかな解決に至るものです。●「間に合うかな?」と心配すること自体が既に、悪い状況といえます。●待ち時間というものが、そもそ嫌いです。待たない工夫をします。●「頑張り」の価値は自身のものです。
  • 森遊びの日々
    1,595円(税込)
    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年1月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から2冊目の書籍化。
  • 森語りの日々
    1,650円(税込)
    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から3冊目の書籍化。◎靴下は、どうして「靴の下」なのでしょう?◎お経をスマホで撮ってインスタにアップしたら、現代の写経になりますが、ご利益があるでしょうか。◎大事なことは、そこに法則性を見出すこと。昨日から今日への変化の理由を考えることです。◎...
  • 森心地の日々
    1,650円(税込)
    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2019年1月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から4冊目の書籍化。 ◎現実に、密室殺人事件というものはまずありえません。密室にするメリットが皆無ですからね。 ◎夢は語らないほうが良い、というのは僕の持論です。 ◎「心が弱い」や「意志が弱い」などと言ったりしますが、その「心」も「意志」も頭...
  • 森メトリィの日々
    1,650円(税込)
    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2019年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から5冊目の書籍化。 ・なにかのニュースを見たとき、「え、本当なの?」と少し疑って、そのニュースの出元がどこかを確認する必要があります。 ・では、何が面白いのかというと、それは現実が一番面白い、と確信しています。 ・自分と異なる価値観の存在を認...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています